コラム

日本はいちばん門戸が広い? 宇宙飛行士選抜試験を読み解く

2021年11月30日(火)11時25分
宇宙飛行士

体験や成果を外部に伝える表現力・発信力も必要に(写真はイメージです) dima_zel-iStock

<13年ぶりに宇宙飛行士候補者を募集するJAXA──応募資格のうち、学歴と医学的特性を大幅に緩和した意図とは? 各国機関と比較した合格の難易度は?>

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月19日、13年ぶりに宇宙飛行士候補者の募集要項を発表しました。応募受付は12月20日から来年3月4日までで、エントリーシートによる書類選抜と、0次から3次の選抜試験を行います。

JAXAは日本でただ一つの公的な宇宙飛行士の募集機関です。今回は、国際宇宙ステーション(ISS)や、アメリカの主導で計画を進めている月周回有人拠点「ゲートウェイ」での活躍が期待される人材を若干名採用します。合格者のJAXAへの入社は2023年4月、宇宙飛行士に認定されるのは25年3月頃になる見込みです。

応募条件や試験内容は、前回、宇宙飛行士試験を行った2008年から変更があります。募集要項からJAXAが求める最新の宇宙飛行士像を読み解きましょう。

期待される3人目の女性飛行士

今回の募集のキーワードは、"多様性"と"科学コミュニケーション"です。

まず、応募資格のうち、学歴と医学的特性が大幅に緩和されました。

前回は、応募者は理学・工学など自然科学系の4年制大学卒以上で3年以上の実務経験(大学院の修士号取得者は1年、博士号取得者は3年の経験ありとみなされる)が必要でした。

今回は、学歴は問われず、文系・理系のどちらの人でも応募が可能です。「3年以上の実務経験があること」を求められる部分のみ変更がありません。実務経験は、一般には「社会人経験」を示します。年齢制限はありませんから、中学卒業後、3年間働いた人も応募できることになります。

もっとも、第0次選抜では、英語試験に加えて、大学教養課程程度の一般教養試験と国家公務員採用総合職試験(大卒程度)相当の科学分野の試験が課せられます。学歴や専門分野による制限を撤廃して間口を広くして、試験で実力や適性を判断する態度を徹底するということでしょう。

次に、前回は158~190センチだった身長条件は、149.5~190.5センチになりました。体重や泳力など他の医学的特性の多くも、「身体的特性によって活動が制限される場合がある」「泳力を訓練時に習得する」等の表記になり、応募時の前提条件ではなくなりました。

今回の応募要項には「女性の活躍を推進する」と特記されています。

現在、現役の日本人宇宙飛行士は7名全員が男性です。前回は応募者963名のうち、女性は124名(13%)でした。今回、JAXAは女性応募者が30%になることを目標にしています。

日本人女性の平均身長は158cmです。身長条件の緩和は、身長が足りなくて応募できない女性を減らすための方策とも考えられます。実は、女性の積極的な登用のために「女性枠」を作ることも検討されましたが、宇宙飛行士の採用人数は数名と少ないことから見送られました。けれど、向井千秋さん、山崎直子さんに続く3人目の女性宇宙飛行士誕生が期待されていることは、間違いなさそうです。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中