コラム

2021年に話題となった、イヌにまつわるワンダフルな研究

2021年12月21日(火)11時15分
イヌ

1万年以上付き合いがあっても、イヌに関する謎は尽きない(写真はイメージです) KAT_TAKA-iStock

<イヌのほうがヒトより左利き率が高い? 飼い主が他のイヌを可愛がると嫉妬する? 「1万年来の友」でありながら、いまだ謎の尽きないイヌについての興味深い研究を紹介する>

イヌは世界で最も古くから「ヒトの友」として飼育されてきた動物です。1万5000年以上前にオオカミから分化し、1万2000年前にはヒトとともに生活をしていた痕跡があります。日本では約1万年前の縄文時代早期の遺跡から埋葬されたイヌの骨が出土しています。

一般社団法人ペットフード協会が2020年に行った調査によると、日本では848万9千匹のイヌが飼育されています。1年以内の新規飼育者による飼育頭数は、コロナ禍のステイホームの影響もあって、最近5年間では最も多い46万2000匹でした。2021年の新規飼育者は、さらに増加すると予想されています。

科学の世界では、今年もイヌに関する研究がたくさん行われました。話題になった研究を振り返ってみましょう。

1.ヒトよりもイヌのほうが左利きの割合が多い

利き手とは、ヒトの左右の手のうちで、より多く使う手のことです。通常は、器用さや運動能力が他方よりも優れています。最新の研究ではヒトの左利きは約10.6%です。

英BBCの「Test Your Pet」という番組では、イヌは左右どちらの前肢を使ってエサを取るかのデータを、約1万8000匹分集めました。

飼い主は、イヌの前肢が入るだけの幅のある筒を用意して、奥にエサを置きます。3回連続で左右のどちらの前肢でエサ取り出したか観察し、「ほとんどの場合で右肢(右利き)」「ほとんどの場合で左肢(左利き)」「左右どちらが優先的なのか判断し難い(両利き)」の三択でBBCに回答しました。

英リンカーン大の研究チームが結果を分析したところ、74%のイヌが「左右どちらかの前肢を優先的に使った」、つまり「利き手」を持っていることが分かりました。このうち58.3%が右利き、41.7%が左利きでした。イヌもヒトと同じく右利きのほうが多いですが、左利きの割合はヒトよりもずっと大きいことが分かりました。

さらに、オスは43.9%、メスは39.3%が左利きで、オスの方が左利きの割合が大きいことも分かりました。これは、男性は女性の1.23倍左利きが多いとされるヒトと同様の傾向でした。研究者たちは、ヒトとイヌとの差や性差について、ヒトは幼い頃に右利きに矯正される場合があることや、性ホルモンが利き手に影響を与えた可能性を示唆しました。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中