コラム

「黄色いベスト」が求めるフランス第2の「革命」

2018年12月18日(火)15時00分

先日、東京で『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』というワイズマン監督のドキュメンタリー映画を見て、日本の未来を想像しました。この映画が描くのはニューヨークで最も多民族・他宗教・多思想的な地区として有名なクイーンズのカラフルな風景でした。ユダヤ系と中南米系移民、LGBTとWASPの男女が共存する魔法です。

今でも南アジアの移民がいる東京東部(亀戸〜錦糸町)、中央アジア移民がいる東京の北(蕨市)、東南アジアの移民がいる横浜(泉区)は10年後に民族の多様性でクイーンズを上回るかもしれません。そうなって欲しいものです。

多民族社会ほど人間らしい社会はありません。そもそも一人一人の人間が違うのが当たり前ですが、多民族社会では中身も外見も最初から違って写るのです。それゆえに、本音を隠す、合わせる必要はないの です。共存のルールは必要ですが、それ以上に最初からお互いを認めないと絶対に上手く行きません。旧ユーゴスラビアではそのユートピアが失敗し、北欧も今、多民族国家への移行に苦戦しています。私の母国フランスも、移民を大勢受け入れてきたとはいえ、今だに人種差別 (移民への偏見)があります 。決して簡単な挑戦ではありませんが、異なった文化は融合できると私は思います。

では、東京は理想の多民族国家になれるのでしょうか。 「東京2020」の一つのキーワードは「ダイバーシティー(多様性)」です。日本にとっては、男女平等な社会の実現とともに21世紀最大の挑戦になるかもしれません 。

国が一つにまとまる目標を

日本でも、「黄色いベスト」たちのように希望を失って苦しんでいる国民は多いと思います。だとすれば、フランスやアメリカと同様に、新たな目標が必要になるでしょう。

「権力は腐敗する、絶対的権力は絶対に腐敗する」の名言があるイギリスの哲学者ジョン・アクトンは、人間は国家のルールに従うより共感する思想に従う傾向があると言いました。だから、トランプやロシアのウラジーミル・プーチン大統領、インドのナレンドラ・モディ首相、中国の習近平国家主席のようにポピュリズム(大衆迎合)的なリーダーたちは人気が高いのです。

日本やフランス、カナダなどの教養レベルが国も、自国のアイデンティティー、つまり国を一つにまとめる明解な思想を打ち出さなければ、厳しくなる一方でしょう。

それは必ずしもナショナリズムではなく、一種のロマンだと思います。同じ国、同じ空間に住んでいる人たちが尊敬する価値観や美徳のことです。日本では礼儀、連帯、謙虚さ、忠誠、勤勉のような美徳が金です。その日本らしい価値観に共感した新しいアジア移民層と日本人が一緒に作り出す空間こそ21世紀にふさわしいニッポンです。

プロフィール

フローラン・ダバディ

1974年、パリ生まれ。1998年、映画雑誌『プレミア』の編集者として来日。'99~'02年、サッカー日本代表トゥルシエ監督の通訳兼アシスタントを務める。現在はスポーツキャスターやフランス文化イベントの制作に関わる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ大統領、米のパニック的対応批判 ロシアと

ワールド

米北東部に激しい暴風雪予報、週末の航空便の欠航相次

ワールド

アングル:英女王在位70年、祝賀ムードに影落とす王

ワールド

バイデン氏、「近いうちに」米軍派遣 東欧やNATO

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オンチェーン分析で明らかに

  • 3

    南シナ海に沈んだF35Cらしき画像がSNSに浮上、米中が回収合戦

  • 4

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    世界的な登山写真家が捉えた、ほぼ誰もたどり着けな…

  • 7

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    ヒトラーにたとえるのは「国際的にご法度」か

  • 10

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 9

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 10

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中