コラム

オリンピック開催を日本は生かせるか(フランスは生かしています)

2019年03月20日(水)18時22分

私も日本に住んでいるだけに仕事のリズムは結構激しいのです。運動に時間とエネルギーを注ぐ余裕と意味があるのか、いつも良心が咎めるのです。それが約10年前、当時、野茂英雄のフィジカル・コーチを務めていたストロングス代表取締役の大川達也氏に「人間の体は常に運動を必要としている。そのニーズに気づくことが大事。1日に何か一つ、やればいい」と言われ、納得しました。ストレッチ、ウォーキング、腕立て、瞑想......毎日20分だけでも、出来ることはあるはずです 。ガッチリと運動をするときほどの気合いは必要ありません。プチ運動をした後は、仕事の効率も上がります!

しかし場所の問題もありますから、パリでは、中小の公園のスポーツ設備を再び綺麗にしつつあります。子供用の雲梯から、大人用の懸垂バーまで、遊びながら運動ができる台ですね。野外ジムというコンセプトはアフリカや南米では先進国以上に進化しています。東京も、五輪までに街のあらゆる汚い公園を綺麗にし、プチ野外ジムを必ず入れるようにすれば、一つのレガシーを確実に残すことができると思います。

社交しながらの運動が好き

そもそも、社会人の私たちにとって運動の意味とは何でしょうか。2019年1月29日、長友佑都選手の長年のトレーナー 、竹口正範氏は『CUORE ONE』というプライベートジムを開業しました。直前の取材では「自分に合った、自分に必要なものを選択できることかが大切。人は皆それぞれ違う。今後は『何が正しいか』ではなく、自分に合った運動とツールを求める時代だね」と教えてくれました。

パリジャンとパリジェンヌは、自分にあった運動は、社交的な運動と気づいたようです。セーヌ川沿いに現れたパリっ子たちはグループ・ランニングを楽しむ理由は社交的なアクティビティだからです。アメリカ人と決定的な違いはそこにあります。フランス人は一人で追い込みたいのではなく、大勢で楽しく運動したいのです。イヤフォンをして、一人の世界で無になるのではありません。

東京人はいかがでしょうか。好奇心旺盛な日本人の性格を知る私から見て、しばらくはありとあらゆるニュースポーツに挑戦をしそうですね。都内の若者に人気上昇中のボルダリングはその証なのではないでしょうか。日本人は新しいトレンド(知恵)を知り、学ぶことに熱心なのです。

だとすれば、東京五輪とパリ五輪のレガシーは当然異なるはずです。東京は、スポーツを通じて高齢者の運動習慣を高めながら、若い世代の遊び心を刺激したいのですから、とにかくみんなの運動神経に訴える政策が必要なのです。

プロフィール

フローラン・ダバディ

1974年、パリ生まれ。1998年、映画雑誌『プレミア』の編集者として来日。'99~'02年、サッカー日本代表トゥルシエ監督の通訳兼アシスタントを務める。現在はスポーツキャスターやフランス文化イベントの制作に関わる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

フィンランド、21日にロシアからのガス供給停止 代

ビジネス

ハイイールド債発行の中国不動産会社、約3割が今年デ

ワールド

タイ、6月からナイトクラブの規制解除へ コロナ新規

ワールド

EU首脳、ウクライナ再建基金で合意へ 資金調達は不

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中