コラム

過去30年、日本で株価が上昇したのはオーナー系企業だった(為末大×藤野英人)

2021年12月23日(木)19時20分
為末大×藤野英人

「お金のまなびば!」より

<優秀な人は四半期で成績を出すが、投資において、ひとつの重要な基準は時間軸。それはスポーツや人生においても同様で、その上でもうひとつ、「勝ち筋」を見つけるのに必要な「力」がある>

元陸上競技選手で400mハードル日本記録保持者である為末大氏は、現在は実業家としても活動している。特に最近は、スポーツ領域で起業した若者に出資したり、相談に乗ったりすることにやりがいを感じていると話す。

成功しそうな人や物、会社を探し、将来を託すという点において「それはまさに投資だ」と、ひふみ投信シリーズのファンドマネージャー、藤野英人氏は指摘する。YouTubeチャンネル「お金のまなびば!」で、2人は投資とスポーツ、人生について語り合った。

藤野氏は投資で大切なことについて、「経営者の情熱や目線を見ること。会社の規模は関係ない」と言う。

では、「経営者を見て投資する」とは具体的にどうすることなのか。ひとつの基準は、その経営者が持つ時間軸だ。

過去30年間で株価が上昇した企業を見ると、上位に食い込んだのはほとんどが経営者一族が株式を多く所有する「オーナー系企業」だという。オーナー系企業の経営者は、社員から昇格した「サラリーマン経営者」に比べて、中長期的な視点で経営にあたることがひとつの要因だと藤野氏は分析する。

「優秀な人は四半期できちんと成績を出す経営をするので、時間軸が短い。一方、社長に就任した当初は陰口を叩かれていたような2世・3世の場合、10〜20年先もその会社が続くことを考える。両者は意思決定の時間軸が全く違う」

時間軸が短い経営者は投資をしない。なぜなら、結果が出るまでに何年もかかるからだ。しかし、10~20年会社を継続させるためには投資が不可欠のため、長いスパンで見ると成長していたのはオーナー系企業だったというわけだ。

fujino20211223-tamesue-1-2.jpg

「お金のまなびば!」より

「勝ち筋」が見える人と見えない人では何か違うのか

投資だけでなく、スポーツの世界でも時間軸は重要だと為末氏は言う。

「インターハイでチャンピオンを輩出できる学校と、オリンピック選手をたくさん輩出する学校はイコールではない。前者は3年間で結果を出す指導法、後者は10年後にピークを迎える指導法であることがその違いだ」

10年後に選手として完成するためには、技術を覚えるよりもたくさん走り込みをさせる指導法がよいそうだ。そんな為末氏は中学時代、「練習量は少なめで100mに特化した練習」をしていたという。

しかし、高校生になり伸び悩んだ。世界大会で100mを9秒台で走る選手を目の当たりにして、「絶対に勝てない」と思ったという。しかし、この挫折が、400mハードルに転身するきっかけとなった。

「400mハードルは海外の選手が苦手そうに走っていて、この競技はまだ洗練されていない、今やれば結果を出せるかもしれないと思った」

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中