コラム

現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人(ふじさき・まさと) 
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人(ふじさき・まさと) 

岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

<自民党が野党に対するデマを広める目的で、この匿名ツイッターアカウントを利用していたとすれば、河合克行元法相が対立候補を貶める架空ブログを業

2021.10.16 
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人(ふじさき・まさと) 

岸田新政権は「古い自民党」にしか見えない

<9月29日に行われた自民党総裁選の結果、岸田文雄元外相が総裁となり、10月4日の臨時国会で第100代総理大臣に就任した。岸田新首相は「新し

2021.10.05
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人(ふじさき・まさと) 

「報道が目を光らせなければ、国家は国民を虐げる」──映画『コレクティブ 国家の嘘』の教訓

<一度は腐敗した政権を転覆できたルーマニア市民が、選挙で再び腐敗政党を勝たせてしまったのはなぜか。総選挙前に観るべき映画> 2021年アカデ

2021.09.28
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人(ふじさき・まさと) 

反共イデオロギーが日本政治をダメにする──八代弁護士『ひるおび!』発言が悪質な理由

<「暴力的な革命」の党というデマは、日本共産党が立憲民主党などと野党共闘を組んだタイミングを受けたもので意図的だ> 9月10日、TBSの番組

2021.09.14
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人(ふじさき・まさと) 

たとえ菅が辞めようと、臨時国会を開かない自民党には政権を任せられない

<自民党は安倍政権のときから国会のチェックを受けることから逃げ続け、憲法の義務である臨時国会を開くことも拒んだ。今日のコロナ感染爆発を招いた

2021.09.03
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人(ふじさき・まさと) 

タリバンを野蛮と切り捨てる危うさ

<女性抑圧や手を切り落とす刑罰などおぞましい因習をもつタリバンを、人々はなぜアメリカより支持するのか> アメリカ軍やその他のNATO軍が撤退

2021.08.24
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人(ふじさき・まさと) 

DaiGo炎上問題、「問題提起」だろうと「個人の感想」だろうと許されない意見はある

<すべての人に生存権があることは正当化も否定もできない大前提の価値の1つだ。「無敵」のインフルエンサーが世論に迎合してそれに異を唱えれば、待

2021.08.15
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人(ふじさき・まさと) 

自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

<菅政権は全力で国民の生命を救おうとはしていない。何もしなくても「政権は安泰」と高を括っているからだ> 8月2日、政府は新型コロナウイルスで

2021.08.04
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人(ふじさき・まさと) 

東京五輪は始まる前から失敗していた

<開会式直前のドタバタ解任劇までの数々の不祥事、責任を取らない組織委員会、ブルーインパルスの失敗を成功のように扱うメディア、「安心安全」の嘘

2021.07.24
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人(ふじさき・まさと) 

「目の前の試合をやることしかできない」?──アスリートも例外ではない「現場プロフェッショナルロマン主義」の罪

<コロナ感染爆発のただ中で、感染対策もザルだらけのまま、オリンピックを開催することになったのは選手の責任でもある> 7月6日、体操の内村航平

2021.07.15

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団発の不動産ドミノが始まった

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 5

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 6

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 9

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 10

    カーク船長の宇宙飛行に黒い疑惑──生命を尊重する『…

  • 1

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友の腕の中で息を引き取る

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 10

    仏カトリック教会、小児性愛神父3000人の恥辱

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中