コラム

五輪開催の是非、コロナ分科会に諮問しない ── 安倍政権以来の悪弊続く

2021年06月07日(月)06時10分
東京五輪の輪

東京オリンピック・パラリンピック開幕まであと50日(6月3日、お台場) Issei Kato-REUTERS

<憲法学者の大半が違憲と言ったのに強行採決された安保法案、菅政権発足直後の学術会議への人事介入など、科学的知見を無視し続ける為政者を許容してはならない>

6月2日、衆議院の厚生労働委員会で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が、東京オリンピックの開催について「今の状況で普通はない」と発言した。その上で尾身会長は「やるということなら、開催規模をできるだけ小さくし、管理体制をできるだけ強化するのが主催する人の義務だ」「こういう状況の中でいったい何のためにやるのか目的が明らかになっていない」などと発言した。東京のいくつかの会場で予定されている五輪のパブリックビューイングについても、否定的な考えを示した。

尾身会長は、オリンピックを中止すべきだとはっきり主張したわけではない。しかし2日の発言は、これまでの発言と比べて、オリンピック開催問題について、より踏み込んだコメントだとみられている。

与党政府関係者は、この発言に強い不快感を示している。田村厚生労働大臣は、この発言を「自主的なご研究のご成果の発表」だったと述べ、分科会からの正式な提言として認めない姿勢を示した。

少しずつ自己主張を始めた分科会

昨年の尾身会長は、全体的に政府の方針に忖度するような態度が目立っていた。例えば政府が推進するGoToキャンペーンに対しては2020年7月、「旅行自体に問題はない」などとコメントし、追認する姿勢を見せていた。

しかし、昨年末頃からは、GoToの見直しを主張するなど少しずつ自己主張を始めだしている。5月には、感染が拡大する北海道に緊急事態宣言を出すことに消極的な政府に対して、分科会は緊急事態宣言を提言し、実施されることになった。

遅きに失したと言わねばならないが、ここにきてコロナ分科会および尾身会長は、少しずつ専門家として自立的な発言をするようになっている。報道によれば、分科会の中では、尾身発言よりもさらに強く、オリンピック開催に否定的な声も出始めているという。

科学的知見を邪魔にする政府

コロナ分科会の自己主張が強くなっていくにつれて、政府は分科会を軽視し始めるようになった。前述の田村厚労相の「自主的なご研究のご成果の発表」発言は典型的だ。分科会長の立場で国会において発言した内容が、「自主的なご研究」のそれであるわけがない。

また丸川五輪担当相は、同発言を受けて「私はスポーツの持つ力を信じてきた」と、全く返答になっていない精神論で返した。科学的知見などどうでもよく、専門家会議は常に政府を忖度して提言を行うべきだと、この国の政権担当者たちは思っているのだ。

プロフィール

藤崎剛人

(ふじさき・まさと) 北海道生まれ。東京大学大学院単位取得退学。埼玉工業大学非常勤講師。専門はドイツ思想史。特にカール・シュミットの公法思想を研究。Twitter ID:@hokusyu82 『ハーバー・ビジネス・オンライン』でも連載中で、人文知に基づいた時事評論や映画・アニメ批評まで幅広く執筆

ニュース速報

ワールド

蘋果日報の廃刊巡るバイデン氏の発言、根拠がない=中

ワールド

香港政府ナンバー2に保安局長が昇格、締め付け強化と

ワールド

東京都で新たに562人がコロナに感染、前週比17.

ビジネス

NZ首相が豪訪問を延期、デルタ株感染拡大でシドニー

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 2

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 3

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本…

  • 6

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 7

    「私の娘はペットじゃない」犬と接するように孫に話…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 10

    中国高官がアメリカに亡命の噂、ウイルス起源の証拠…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 4

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 9

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 10

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中