コラム

オミクロン株対策で「鎖国」するニッポンの小ささ

2021年12月07日(火)15時09分
成田空港

外国人の入国が停止された日の成田空港(11月30日) Kim Kyung-Hoon- REUTERS

<政府の厳格で人権無視の入国制限を後押ししているのは、ウイルスを運んでくるのは「よそもの」だという日本人の呪術的な意識だ>

11月30日、日本政府は新型コロナウイルスの変異株オミクロンへの対策として、防疫を強化し、外国人の新規入国を原則的に停止した。さらに12月2日、南アフリカなど十カ国からの渡航は、在留資格をもつ外国人の再入国も認めないとした。急遽決定されたこの新しい基準は、WHOも疑念を示すほど、賛否が分かれる問題だ。

外国人にのみ強化された入国制限

南アフリカで確認されたオミクロン株は、その感染力の強さにより世界的に警戒されており、岸田政権は水際対応として外国人の入国を厳しく制限することにした。ただし邦人の帰国については検査と隔離が強化されたものの制限されることはなく、国籍を基準としたこの露骨な格差が世界的に報道されると、日本は再び「鎖国」することになったと諷刺されるまでに至った。

ウイルスに国境は関係しないのだから、日本に来る外国人が日本人以上にリスク要因とする根拠はない。日本に生活基盤をもつ外国籍者もいる中で、かれらを日本国籍者と区別する意味はないのではないか。もちろん日本政府も全く配慮していないわけではない。日本に永住権を持つ者やその家族は例外的に再入国を認められている。しかしそれ以外の外国人にも日本に生活基盤をもつ者いて、かれらが締め出された場合は路頭に迷うことになる。

この意味で、今回の入国禁止措置は、外国人の人権の問題に関わってくる。しかし入管法改正問題では政府を批判した野党の一部ですら、外国人に対してより厳しい措置を要求している。たとえば立憲民主党の早稲田夕季議員は、永住者の再入国も禁止せよと要請を行っているのだ。

入国制限よりも検査と隔離の徹底をすべき

世界保健機関(WHO)は日本政府の措置について「理解困難」であると述べ、厳しい入国制限ではなく、検査と隔離の強化によってオミクロン株に対応することを推奨している。これまでも、日本の検疫体制の貧弱さはよく指摘されてきた。たとえば検査にはPCR検査ではなく抗原検査が用いられている。また、現在は自主的な待機ではなく、義務的な待機宿泊が強化されているが、待機場所への移動は自家用車やレンタカーやハイヤーなど自力で行うことになっており、極めて杜撰だ。いわゆる粗末な「隔離メシ」に象徴されるように、隔離された者に対して丁寧に対応する姿勢もみられない。一つ一つのプロセスを全体的に見直していかなければならない。

12月4日、宿泊施設の確保が難しいなどの理由により、政府はオミクロン株の感染流行国以外からの入国者について、自宅隔離を認めるとした。しかし各国での感染確認にはタイムラグがあり、感染が確認されていない国からの渡航者だからといってオミクロン株に感染していないとは限らない。そうでなくても、別の変異株に感染している可能性もある。自宅隔離は家族や市中への感染リスクがあり危険だ。なぜ政府は予備費を使って宿泊施設を確保することができないのだろうか。

プロフィール

藤崎剛人

(ふじさき・まさと)  埼玉工業大学非常勤講師、批評家
1982年生まれ。東京大学総合文化研究科単位取得退学。専門は思想史。特にカール・シュミットの公法思想を研究。『ユリイカ』、『現代思想』などにも寄稿 
Twitter ID:@hokusyu82 『

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ECB、7月に利上げ開始可能 徐々にプラス圏に=伊

ワールド

政府、男女賃金格差の開示義務化 今夏にも施行の方向

ビジネス

台湾輸出受注、4月は2年ぶりに減少 中国の都市封鎖

ワールド

中国、割安なロシア産原油輸入ひそかに拡大 欧米の穴

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中