コラム

中国製ワクチンを打った!副反応は? → 「偉大なる...」

2021年04月28日(水)17時05分
中国製ワクチン

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<ワクチンの世界的な争奪戦が激化している。中国製ワクチン、アメリカ製ワクチン、ロシア製ワクチン。こんなジョークが世界で流行中だ>

【副反応】
中国製の新型コロナウイルスワクチンを接種した日本人が言った。

「多くの日本人が中国製ワクチンに不安を感じるのはよく分かります。しかし、結論から言うと何の問題もありません。

副反応ですか? 私の場合は、全くありませんね。何ら異常ありませんよ。

とにかくこれは習近平(シー・チンピン)国家主席のおかげです。偉大なる中国共産党への感謝の気持ちが自然とあふれてきます。謝謝」

◇ ◇ ◇

ワクチンの世界的な争奪戦が激化している。

中国ではシノバックやシノファームといった自国企業が開発したワクチンの接種が進行中。さらに「ワクチン外交」を標榜し、国外への輸出にも力を入れている。

しかし、これには世界各国から「ウイルスのほうがマシ」「瓶にドクロマークを付けておいて」といった声が続出。

フランスのマクロン大統領は中国製ワクチンに関し、「情報が一切共有されていないため有効性は不明」「効果がなければ新たな変異さえ助長しかねない」などと発言している。

アメリカやイギリスでは接種が順調に進んでいるが、フランスやドイツでは遅れが目立ち、感染者数を思うように抑え込めていない。

ロシアは「スプートニクV」などのワクチン開発に成功。「スプートニクV」は既に世界50カ国以上で承認されている。

ただし、ロシア国内では「本当はアメリカやイギリス製のワクチンがいい」との声も。また、アルゼンチンのフェルナンデス大統領は「スプートニクV」を接種したが、その後の検査で「陽性」に。

ロシア製ワクチンに関しては、以下のようなジョークも流行中である。

◇ ◇ ◇

【効能】
アメリカとロシアのワクチン。それぞれの効能とは?

アメリカ製ワクチン――接種後、「自由」や「正義」が口癖になる。

ロシア製ワクチン――接種後、オリンピックで金メダルが取れるようになる。

◇ ◇ ◇

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)など。最新刊は『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米経済回復は堅調と確信、先進国全体でインフレ進行=

ワールド

英のオミクロン株感染、計13人に 1月末までに全成

ワールド

原油先物下落、オミクロン株に対するワクチンの有効性

ワールド

WHO、一律の渡航禁止に反対 「根拠に基づく対策を

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中