コラム

令和の禁酒令、世界最古のワイン、もぐりの酒屋... それでもみんなお酒が飲みたい

2021年05月26日(水)18時10分
ロシア人

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<禁止されても、飲みたくなるのが人情? 令和3年に振り返る世界各地の「お酒の思い出」>

【酒好きの男】
お酒の飲み過ぎで入院していたロシア人が、見舞いに来てくれた友人に言った。

「俺ももう長くはないだろう。もしものことがあったら、俺の墓には最高のウオッカをたっぷりとかけてくれないか?」

友人が答えた。

「分かった。そうしよう」

友人が続けた。

「でもそれは俺の内臓を通してからでいいかな?」

◇ ◇ ◇

「令和の禁酒令」に「路上飲み」など、お酒にまつわる話題に事欠かない令和3年。そこで今回は、世界各地での「お酒の思い出」について少し書いてみたい。

私が2年ほど暮らしていたルーマニアの代表的なお酒は「ツイカ」という蒸留酒。原料はプラムで、主に食前酒として愛飲されるが、アルコール度数は40度以上が普通というかなり強いお酒である。

私はこのツイカを毎日のように飲まされ続けたおかげで、だいぶお酒に強い体となった。

ルーマニアは冬が長く厳しい国だが、ツイカを飲むと体が内側から温まる。一方で、夏がジメジメと蒸し暑い日本では、キンキンに冷やしたビールが人気だが、お酒と気候の相関は深い。

また、ルーマニアはワインの生産も盛ん。驚いたのは、炭酸水で割る飲み方が一般的なことである。

当初は「もったいない」と思ったものだが、いつの間にかすっかり慣れ、違和感もなくなってしまった。このような飲み方は、実はヨーロッパのあちこちで親しまれている。

イラクに「もぐりの酒屋」

中東と聞くと「飲酒がタブー」というイメージが強いかもしれないが、実際には国によってかなりの差が見られる。

トルコには「ラク」というブドウの蒸留酒がある。アニスで香りを付けたこの蒸留酒は無色透明だが、水で割ると白濁するため「ライオンのミルク」とも呼ばれる。

アラビア半島では「アラック」と称されるが、江戸時代の長崎では「阿刺吉(あらき)」という酒が取引されていたという。おそらく同じものであろう。

レバノンでは多様なワインやビールが生産されている。レバノンのワインは一説には「世界最古のワイン」とも言われるが、20世紀にフランスの植民地となった影響もあり、フランスワインに似た芳醇な風味が特徴となっている。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)など。最新刊は『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

WHO、一律の渡航禁止に反対 「根拠に基づく対策を

ビジネス

FRB当局者、インフレの高止まりに満足せず=クラリ

ワールド

オミクロン株、20カ国226例確認 米では検出され

ビジネス

米CB消費者信頼感、11月は9カ月ぶり低水準 イン

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中