コラム

全米を熱狂させる大谷翔平 ...と水原一平とチャック・ノリス

2021年07月28日(水)11時40分
キリスト教の教会、天使

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<オオタニ・フィーバーは、二刀流どころではない>

【天使】
日曜日の朝のミサが終わると、司祭が言った。

「午後は楽しい時間をお過ごしください。天使たち(エンジェルス)と共に」

それを聞いた一人の男の子がうれしそうに答えた。

「はい! もちろんです」

司祭はにこやかに続けた。

「信じる心があれば、きっと良いことがありますよ」

男の子はうなずきながら言った。

「大丈夫。今日はオオタニが先発ですから」

◇ ◇ ◇

ロサンゼルス・エンジェルスに所属する大谷翔平選手が、全米に熱狂を巻き起こしている。

大谷選手がホームランを打つと、実況のアナウンサーは「オオタニサン」「サヨナラ」などとカタコトの日本語を叫ぶ。

大谷選手が投手として三振を奪った際には、「スワッテクダサイ」と謎の日本語を絶叫したことも。これは三振を喫したバッターに対して「Sit down」(ベンチで座ってろ)と言う英語の表現を直訳した結果だと思われる。

その他、「ドコカニイッテ、ハヲミガク」と叫んだこともあったが、これは「出直してきな」を表す「Goaway and brush your teeth」という表現を直訳したのであろう。

MLBショップで販売されているオオタニ・フィギュアが「びっくりするほど似ていない」とネット上で話題になったことも。

「メイド・イン・チャイナ?」
「(まるで)ヒデキ・マツイで大爆笑」
「タカ・イシバシのほうが似ている」

といったコメントが寄せられて大いに盛り上がった。「タカ・イシバシ」とは、映画『メジャーリーグ2』で怪演を見せた石橋貴明氏のことを指している。

イッペイ大喜利まで登場

その人気ぶりは、大谷選手の専属通訳を務める水原一平氏にまで波及。

球団の公式インスタグラムで「あなたの一番好きなチャック・ノリスのジョークを教えてください。ただし、チャック・ノリスをイッペイに置き換えて」という「大喜利」が出題されるにまで至った。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)など。最新刊は『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU・イラン・ロシア、明るみ見通し示す 核合意再建

ビジネス

米サイバーマンデー売上高、前年比横ばいか 商品不足

ビジネス

米大手銀、オフィス復帰計画に変更なし オミクロン株

ワールド

米、オミクロン株対応へ用意 都市封鎖の再導入ないと

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 10

    ワクチンが効かない?南アフリカ変異株「オミクロン…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中