コラム

長寿化は本来よいこと、日本は「老人」をどう扱うべき?

2021年12月20日(月)19時20分

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<コロナ禍が残す最大の禍根は、人口問題への悪影響かもしれない>

【義父と嫁】
とある男女が結婚し、嫁は夫の両親と同居して暮らすことになった。

しかし、やがて義母が亡くなり、3人暮らしとなった。

他界した義母は嫁に優しい人だった。しかし、義父は頑固で意地の悪い性格だった。義父は嫁の行動にいちいち文句を付けた。

義父が言う。

「何だこのスープは? 婆さんが作っていたものとは全然味が違う!」

そんな日が毎日のように続いた。

ある日、とうとう耐え切れなくなった嫁は、義父に出すスープにこっそり殺虫剤を混ぜた。

すると、そのスープを一口すすった義父がこう言った。

「これじゃ、この味じゃ! 婆さんのスープは!」

◇ ◇ ◇

日本でずっと言われ続けてきた少子高齢化。優秀な政治家や学者の皆さまがいろいろと議論しているはずだが、一向に改善される気配がない。

今回のコロナ禍によって、その傾向はさらに悪化するとのこと。厚生労働省の人口動態統計(概数)によると、2020年の出生数は約84万人、婚姻件数は約53万組で、いずれも戦後最少であったという。

コロナによる不安から、出産や結婚を控えた結果であろう。

東欧のルーマニアではかつて、ニコラエ・チャウシェスク率いるルーマニア共産党が「多産化政策」を断行。「45歳に満たない女性は子供を4人産むまで中絶してはならない」と定められ、違反者には半年から最高2年の懲役刑が科せられた。さらに、避妊具の使用が禁じられた。

そんな政策が招いたのは「捨て子の激増」だった。子供であふれた孤児院は、深刻な食料不足に陥った。

子供たちの栄養失調を補うため、大人の血液を輸血するようになったが、注射針の使い回しによりエイズが蔓延した。

日本がこんなSF小説のような顚末に陥るとは思わないが、人口政策はその加減が難しい。

ただし、日本は失敗を恐れすぎて、政策の「思いきり」がないようにも映る。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)など。最新刊は『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は反落、景気懸念くすぶる 押し目買い

ワールド

ウクライナ大統領、「歴史は転換点」 ダボス会議で演

ビジネス

ユーロ圏財務相、中立的な財政政策への移行で合意

ビジネス

金融緩和を粘り強く続け、経済の回復サポート=中村日

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    米マクドナルド、ハンバーガー写真を「盛りすぎ」で訴えられる 

  • 2

    アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデンカムイ」の功罪

  • 3

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    マウンティングはどこまで我慢すべき? 名医が教える…

  • 7

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 10

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中