ニュース速報

ビジネス

航空・自動車各社、オミクロン株の影響見極めに苦慮 判断下せず

2021年11月30日(火)06時26分

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の打撃を受けた企業が新たな変異株「オミクロン」の影響見極めに苦戦している。2019年1月撮影(2021年 ロイター/Anushree Fadnavis)

[29日 ロイター] - 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の打撃を受けた企業が新たな変異株「オミクロン」の影響見極めに苦戦している。オミクロン株に関する詳細が得られていないため、航空会社や自動車メーカーなどは事業や業績への影響に関する判断をまだ下せていない状況だ。

世界保健機関(WHO)は29日、オミクロン株について、世界的に広がる可能性が大きいとの認識を示した。一部地域で感染者が急増し「深刻な結果」をもたらす可能性があり、グローバルなリスクが「非常に高い」とした。

オミクロンの感染が世界各地に広がっていることを受け、27日に英国、ドイツ、イタリアなどで新たな感染者が確認されたのに続き、28日にはオランダ、デンマーク、オーストラリアでも報告され、渡航制限を導入する動きも広がっている。

こうした中、一部の航空会社は運航計画を大きく変更していないと発表した。ただ、業界関係者によると、大手航空会社はオミクロン株の感染拡大が渡航制限につながるとの懸念を背景にアフリカ南部からの旅客輸送を抑制しハブ空港を守っているという。

欧州格安航空大手ライアンエアのマイケル・オレアリー最高経営責任者(CEO)は、一部の国が飛行機での旅行を禁止する可能性があることを懸念しているものの、航空便をキャンセする理由はないと指摘。ドイツ航空大手ルフトハンザは航空券の十分な予約がなお見られるとした。

また、自動車メーカー各社もオミクロン株の影響を予測するのは時期尚早だと指摘。

日産自動車は「監視しているが、当社は新型コロナに関するかなり厳しいプロトコルを引き続き実施している」としたほか、米ゼネラル・モーターズ(GM)は「安全かつ効果の高いワクチンが広く普及していることから、当社は引き続き従業員に対しワクチン接種を強く推奨している。この変異株に関する新しい情報が得られれば、当社のプロトコルを見直し調整する」とした。

トヨタ自動車は米国の経営陣が30日に会合を開き、オミクロン株や追加措置の必要性について協議すると表明。米自動車大手フォード・モーター、欧米自動車大手ステランティス、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)も米国内の全ての施設で従業員に対する厳格なプロトコルを引き続き実施しているとした。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

フランスGDP、21年は+7%で52年ぶり大幅成長

ビジネス

イールドカーブのスティープ化、検討は時期尚早=黒田

ビジネス

大和証Gの10-12月純利益は6.9%増 金利上昇

ビジネス

今のところ増税想定していない=鈴木財務相

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    映画界に変革をもたらした『マトリックス』、18年ぶ…

  • 5

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 6

    「極太アナコンダに漁師が襲われている!」訳ではない

  • 7

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 8

    変動金利型と固定金利型のどちらの住宅ローンを選択…

  • 9

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 10

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 7

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中