ニュース速報

ワールド

米当局、オミクロン流入は不可避と認識 南アなど対象に入国制限

2021年11月29日(月)08時14分

 米保健当局は11月28日、南アフリカで最初に見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株・オミクロン株が流入する可能性に米国民は備える必要があると訴えた。8日、シアトルの空港で撮影(2021年 ロイター/Lindsey Wasson)

[ワシントン 28日 ロイター] - 米保健当局は28日、南アフリカで最初に見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株・オミクロン株が流入する可能性に米国民は備える必要があると訴えた。また、南アなどが対象の渡航制限によって、同株を巡る新たなリスクを検証する時間的猶予が確保されるとの認識を示した。

米国は米東部時間29日午前0時01分(日本時間29日午後2時01分)から、過去14日間以内にアフリカ南部8カ国に滞在した外国人の入国をほぼ全面的に禁止する。また、当局は米国民に対し、同8カ国への渡航を控えるよう勧告した。

バイデン米大統領の首席医療顧問を務める国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長はABCニュースの番組で、米国ではまだオミクロンの感染例は確認されていないが、流入は「不可避」との見解を示した。

オミクロン感染は南ア以外では、オーストラリア、ベルギー、ボツワナ、英国、デンマーク、ドイツ、香港、イスラエル、イタリア、オランダで報告されている。

バイデン米大統領は28日午後にホワイトハウスの新型コロナ対策チームと会合を開く。

ファウチ氏はNBCの番組で、米保健当局は同日に南アの保健当局と電話で協議し、さらなる情報をリアルタイムで得るつもりだと語った。渡航制限によって情報を収集して対策を検討する時間が確保されるとした。

また、ワクチン接種を加速するなどして「最悪ケース」に備える必要があると訴えた。「感染力が高いことが明確に示唆されている。それがわれわれの懸念材料だ」と語った。

ABCの番組では、ロックダウン(都市封鎖)や行動制限の再導入が必要かどうかは、まだ判断できないと述べた。

デルタ航空とユナイテッド航空は、南アフリカでオミクロン株が検出されて以降も南ア発米国行きの便の運航を継続した。これらの便の乗客の経過観察を行っているかどうかについて米疾病対策センター(CDC)に問い合わせたが、回答はまだない。

ファウチ氏や他の保健当局者は、オミクロン感染拡大が現行のコロナワクチンや治療薬に与える影響はまだ不明だと説明した。

ロイターの集計によると、米国で過去14日間に報告された新規コロナ感染者は110万人と、その前の2週間から9%増えた。ニューヨークなど一部の州は感染拡大を理由に非常事態を宣言した。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国工業部門利益、12月は1年超ぶり低成長 当局に

ワールド

中国北京市、移動制限の対象地域拡大 五輪控え感染抑

ビジネス

ドイツ銀、配当を再開 3億ユーロの自社株買いも実施

ワールド

豪州、コロナ死者が前日から減少 入院患者横ばい

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性別で分けるべきか?

  • 4

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 5

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 6

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 7

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 8

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中