ニュース速報

ワールド

原油先物が1ドル強上昇、サウジの販売価格引き上げで

2021年12月06日(月)15時08分

 12月6日、アジア時間の原油先物はバレル当たり1ドル強上昇。世界最大の原油輸出国サウジアラビアがアジアおよび米国向け原油の販売価格を引き上げたことを受けた。イラン核合意再建協議に暗雲が漂っていることも買いを誘った。写真は米テキサス州フリーポートにある戦略石油備蓄施設。2016年6月撮影(2021年 ロイター/Richard Carson)

[シンガポール 6日 ロイター] - アジア時間の原油先物はバレル当たり1ドル強上昇。世界最大の原油輸出国サウジアラビアがアジアおよび米国向け原油の販売価格を引き上げたことを受けた。イラン核合意再建協議に暗雲が漂っていることも買いを誘った。

0458GMT(日本時間午後1時58分)現在、北海ブレント原油先物は1.39ドル(2%)高の1バレル=71.27ドル。米WTI先物1月渡しは1.40ドル(2.1%)高の67.66ドル。

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコは5日、アジアと米国向けの原油を全ての油種で前月から最大0.80ドル引き上げた。

石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」が先週、日量40万バレルの増産ペースを1月も維持することを決めたにもかかわらず、サウジの販売価格は引き上げられた。

イラン核合意再建に向けた先週の協議が不調となり、イランが原油輸出を拡大する可能性が薄れたことも、原油相場の支援材料となった。協議は今週半ばに再開する見込み。

JBCエナジーはリポートで「(OPECプラスは)市場のファンダメンタルズのみに基づいて決定を下したと主張しているが、特に今週の米代表団のサウジ訪問を踏まえると、米国の影響力を無視するのは難しい」と指摘。

「イラン情勢が協議されたことはほぼ確実だ。サウジの増産承認は、妥協案で合意が成立したことや、バイデン政権との関係改善が進みそうなことを示している」と述べた。

ロシアは増産計画にもかかわらず、全体の生産量が増えておらず、主要生産者が現在の協定に沿った増産で技術的な問題に直面しているようだ、とも指摘した。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日経平均が一時900円安、FRBのタカ派傾斜を警戒

ビジネス

自工会会長、ソニーがEV本格参入なら「加入待ってい

ワールド

北朝鮮が飛翔体2発発射、今年6回目 弾道ミサイルと

ビジネス

米FRB、再投資停止中心に資産圧縮へ 売却の可能性

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性別で分けるべきか?

  • 4

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 5

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 6

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 7

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 8

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中