ニュース速報

ワールド

中国工業部門利益、12月は1年超ぶり低成長 当局に政策支援圧力

2022年01月27日(木)14時42分

 中国国家統計局が27日発表した2021年12月の工業部門企業利益は前年比4.2%増で、伸び率は前月(9%)から鈍化し20年4月以降で最低となった。生産者物価の高騰が和らぎ需要減速感が出ている。写真は2016年4月撮影(2022年 ロイター/John Ruwitch)

[北京 27日 ロイター] - 中国国家統計局が27日発表した2021年12月の工業部門企業利益は前年比4.2%増で、伸び率は前月(9%)から鈍化し20年4月以降で最低となった。生産者物価の高騰が和らぎ需要減速感が出ている。

12月の工業部門企業の総利益は7342億元(1158億9000万ドル)。

21年通年は34.3%増の8兆7000億元だった。国家統計局が定期的にデータを発表するようになった11年以降で最大の伸び。20年は新型コロナウイルス流行に伴う封鎖措置で4.1%増にとどまっていた。

国家統計局の統計担当高官は「企業の効率性が着実に改善し、21年の工業部門利益は比較的高い伸びを達成した。しかし、11月、12月に伸びが大幅に鈍化したことは認めなければならない。下流部門、特に中小企業の業況にはなお比較的強い圧力が見られ、赤字企業の数は依然多い」と述べた。

同高官は「精力的に企業の問題解決を支援するほか、次のステップとして、減税や手数料の引き下げを実施する。供給を確保し物価を安定させる措置も導入する」と述べた。

工業部門企業利益統計は、主要事業の年間売上高が2000万元を超える大企業が対象。

中原銀行のエコノミストは、12月のデータについて、今年の業績低迷を示唆していると指摘。今後数カ月は前年同期の水準が高かったため、増益率がさらに鈍化する可能性があるとの見方を示した。

また、今回の統計の対象になっていないが、非常に多くの中小企業が厳しい経営を迫られていると指摘。「中国人民銀行(中央銀行)を圧迫する要因が増えている。米連邦準備理事会(FRB)は3月に利上げにする見通しで、人民銀行には追加緩和のための時間がなくなりつつある」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中