コラム

人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

子供たちは撮影に飽きてるし、本人もいらいら気味 親友の「ママインフルエンサー」がツラそう

<子育て中の友人がSNS投稿依存症で心配です。私にできることはありますか?> Q:親友のナンシーには6歳と8歳の子供がいます。2人とも明るく

2021.10.13
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「美容を諦めたくありません」母親のエステ通いは娘に悪影響?

<ケアはほどほどにしてほしい。娘たちに、自分はそのままで美しいと思ってもらいたいから──と夫は言うけれど> Q:6歳、4歳、1歳と3人の娘の

2021.10.06
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「よかれと思って忠告したのに」進路でもめた息子とのわだかまりが消えない

<教職で生計を立てられるとは思えず、進路選択を「考え直してほしい」と強く求めました。それから自立した息子に対して、言葉を尽くして謝り、彼も許

2021.09.30
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

1歳の姪にかみ付いた愛犬を安楽死させた自分が今も許せない

<3人の子供の下2人はかみ付きの現場に居合わせ、愛犬を失ったことがトラウマに。長男は私の判断に激怒> Q:1年ほど前に、愛犬のルーを安楽死さ

2021.09.17
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「母のようにはなるまい」潔癖症への反発から片付け下手になった

<「どうしてウチはこんなに散らかっているの?」──10歳の長女からそう言われるたびに心が痛みます> Q:私の母は極度のきれい好きで、家の中は

2021.09.10
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「気を使うし、退屈」ママ友との会話が苦手な私は変ですか?

<ここ1年はママ友付き合いがなくなって正直ホッとしているのですが、コロナ禍が収まったらまた顔を合わせると思うと憂鬱です> Q:息子(今は3歳

2021.08.17
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

アメリカ人の夫に、子供に母国語を教えるのを却下されました

<自分が分からない言葉を子供が話すのは嫌だ──と夫は言います。なぜそこまで反発するのでしょう?> Q:私はアイルランドで育ち、大学でアメリカ

2021.08.12
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

親だからって子供の写真を勝手にSNS投稿するのはアリ?

<妻も、妻の「ママ友」も、それに義母も、せっせとSNSに子供の写真をシェアしています。「私の子よ、何が悪いの」という感じですが、私は賛成でき

2021.08.06
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

ヌード写真をSNSに投稿した娘──アプリ削除は教育か、過剰反応か

<心配なのは、投稿した写真が許可なく再投稿された末に児童ポルノとして流通してしまうこと。「真正面からの全裸写真ではないから構わない」と14歳

2021.08.04
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「疲労困憊です」ご近所のオペラ歌手志望の娘さんの歌がうるさくて...

<一流の音楽学校への進学を目指す彼女は、コロナ禍になってオンラインで1日2時間以上、週に4〜5回もレッスンを受けています。才能があるのは分か

2021.07.14

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団発の不動産ドミノが始まった

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 4

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 9

    カーク船長の宇宙飛行に黒い疑惑──生命を尊重する『…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 1

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友の腕の中で息を引き取る

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 10

    仏カトリック教会、小児性愛神父3000人の恥辱

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中