コラム

アラブ世界に黒人はいるか、アラブ人は「何色」か、イスラーム教徒は差別しないのか

2020年07月22日(水)18時05分

Vectorios2016-iStock.

<Black Lives Matter運動のニュースはアラブ世界でも大きく扱われている。かつてマルコムXはイスラーム教は平等を唱える宗教だと感動した。しかしイスラームの神話では、呪いの結果、黒人から奴隷が生まれるとしていたし、黒人は動物に近く、生来の奴隷だと見る知識人もいた>

米国に端を発した「黒人の命は大切(Black Lives Matter)」運動は世界各国に波及している。アラブ世界においてもこの運動に関するニュースは大きく扱われており、関心の高さがうかがえる。

民族的、あるいは形質人類学的にアラブ人がどう定義されるのか、わたし自身アラブのことを専門的に研究しているにもかかわらず、実はよくわかっていない。アラブ人の多くはコーカソイドだと思うのだが、いわゆる肌の色でいうと、白人ではないだろう。

アラブ人自身はしばしば自分たちは「茶色」だと主張していた。これはおそらく多くの日本人にとっても何となく納得できるんではないだろうか。あるいは、白人、黒人、黄色人種以外のものが存在すること自体、まったく想定していない人もいるかもしれない。

とはいいながら、実際にはアラブ人は形質的には千差万別で、白人のように肌の白い人もいれば、黒人のように黒い人もいる。サウジアラビアには、明らかにモンゴロイドの特徴をもっている人さえ存在する。サウジアラビアの「アジア系」アラブ人の多くは新疆ウイグル自治区を含む中国や旧ソ連の中央アジア諸国からの移民である。

これだけばらつきがあると、唯一の共通点はアラビア語(正しくはその方言)を母語とする、というぐらいかもしれない。

畑違いなので、単なる印象論でしかないが、おそらく「原アラブ人」のようなものは存在したのであろう。しかし、長い歴史のなかで、さまざまな民族と混血が進み、現在のアラブ人が形成され、今やアラビア語をしゃべるというだけが全体を包括する特徴になってしまったというところだろうか(もちろん、移民などで中東から移住した「アラブ人」のなかにはアラビア語をしゃべれない人も存在するはずだ)。

仮にアラビア語をしゃべるのがアラブ人だとすると、彼らのあいだでは、肌の色とは無関係に同じアラブ人だという認識が共有されるのであろうか(ちなみに同じことはイラン人にもいえる。イランには少数だが、黒人のイラン人もいるからだ)。

マルコムXはマッカ巡礼でアッラーのまえでの平等を体験した

また、宗教と肌の色の関係はどうだろうか。米国には、黒人による「イスラーム」運動である「ネーション・オブ・イスラーム(NoI)」という組織がある。NoIは、奴隷になるまえに黒人たちがイスラームを信仰していたという信念のもと、白人への嫌悪を露骨に示すとともに、白人に対する黒人の優越を説いた。

しかし、その代表的なイデオローグであったマルコムXは、マッカ(メッカ)巡礼にいった際、ムスリム(イスラーム教徒)たちが、肌の色と関係なく、自分を受け入れてくれ、また巡礼にきた、さまざまな肌の色をしたムスリムたちが、肌の色と無関係に同じ儀式に参加し、同じ価値観を共有するのを目の当たりにして、ムスリムはみなアッラーのまえでは平等だということに感動したとされる。

【関連記事】ディズニー恐るべし、『アラジンと魔法のランプ』は本当は中東じゃないのに

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

WHO、一律の渡航禁止に反対 「根拠に基づく対策を

ビジネス

FRB当局者、インフレの高止まりに満足せず=クラリ

ワールド

オミクロン株、20カ国226例確認 米では検出され

ビジネス

米CB消費者信頼感、11月は9カ月ぶり低水準 イン

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中