コラム

外交特権やイスラム文化施設まで利用する、知られざるイランの対外秘密工作

2021年02月27日(土)14時30分

アサディの公判中にNCRI指導者の写真を掲げるイラン反体制派 AP/AFLO

<イランを伝統的な親日国とみなしてきた日本の政策は再考するべき局面に差し掛かっている>

ベルギーの裁判所は2月、オーストリアの首都ウィーンに駐在していたイラン人外交官アサドッラー・アサディに対しテロ計画の罪で禁錮20年の判決を下した。

外交官はウィーン条約の下、主権国家の代表としてさまざまな特権を享受している。検察がイラン情報省の工作員とみているアサディ容疑者は、2018年からベルギーで収監されているが、外交特権による保護を主張し出廷を拒否した。

アサディは18年6月、パリ郊外で行われたイラン反体制派「イラン国民抵抗評議会(NCRI)」の10万人規模の集会を狙ったテロ計画で、イランから空路、外交行嚢(こうのう)に起爆装置と爆薬を入れてオーストリアに持ち込み、ルクセンブルクのピザハットでイラン系ベルギー人のカップルにそれを渡し、その後、外交特権適用外のドイツで拘束された。

外交行嚢の中身は他国による確認や開封を免れるのも外交特権の1つだ。17年2月にマレーシアで金正男(キム・ジョンナム)暗殺に使用された毒物VXも、外交行嚢を用いて持ち込まれた疑いが持たれている。

検察は判決後、アサディに当該罰を免れる特権はないという点と、テロ計画はアサディ個人ではなくイラン政府の主導によるという点を強調した。判決は、イランが国家主導で在外公館と外交特権を利用し目障りな反体制派をテロで抹殺しようとしていた、と認定されたことを意味する。NCRIは判決後、イランはテロを国家戦略として用いていることが証明されたと述べた。

イラン外交官7人がEUから追放

アサディはEU圏内で、テロ容疑で訴追され有罪判決を受けた初のイラン人外交官だ。しかし15年と17年にオランダで発生した2つの殺人事件、18年にデンマークで起きた暗殺未遂事件など、これまでもイラン反体制派が標的とされた複数の事件でイラン人外交官や工作員の関与が疑われてきた。

15年から19年の間にEUから追放されたイラン人外交官は7人に上る。追放だけで済まされてきたのは、ウィーン条約だけではなくEUの対イラン宥和政策によるところも大きい。

アサディに対する訴追と有罪判決は、そこからの転換を象徴する出来事だ。EU諸国では既に、議員たちが各国政府に対しイランの在外公館を閉鎖するよう要請する動きも見られる。

ワシントン近東政策研究所のメフディ・ハラジは、イランは在外公館だけでなく、外国にある文化的ネットワークも諜報目的に利用していると指摘する。

プロフィール

飯山 陽

(いいやま・あかり)イスラム思想研究者。東京大学大学院人文社会系研究科単位取得退学。博士(東京大学)。イスラム教という切り口から国際情勢を分析している。主著に『イスラム教の論理』(新潮新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

WHO、一律の渡航禁止に反対 「根拠に基づく対策を

ビジネス

FRB当局者、インフレの高止まりに満足せず=クラリ

ワールド

オミクロン株、20カ国226例確認 米では検出され

ビジネス

米CB消費者信頼感、11月は9カ月ぶり低水準 イン

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中