コラム

米軍撤退のアフガニスタンで次に起きること

2021年08月04日(水)12時00分

アフガニスタンから帰国する米軍(2020年12月) JOHN MOORE/GETTY IMAGES

<ライバルが去ってユーラシアは中国とロシアの天下とかき立てるロシアメディアだがアメリカに代わり地域諸国の餌食になる可能性も>

バイデン米大統領の勇断で、アフガニスタンにいた2500人の米戦闘部隊は、7月には撤収をほぼ完了した。

2001年に米軍介入で政権から追われたイスラム原理主義勢力タリバンは巻き返しの勢いで、既に国土の85%を制圧したと称する。約20万人のアフガニスタン政府軍はもとから実力を欠き、これからは武器弾薬の補給と兵士への給料支払いもおぼつかなくなる。

このままでは首都カブールでも、1975年のベトナム戦争でのサイゴン陥落時の外国人脱出のような悲劇が起きる。避難できないアフガニスタン政府関係者や米軍への協力者たちは戦々恐々だろう。隣国タジキスタンでは既に、10万人の難民受け入れ準備を進めている。

タリバンの主流は、パキスタン軍の支援を得てきた。パキスタンは、アフガンの青年を教化して送り返し、インドとの係争地域カシミールに北方から圧力をかける算段なのだ。タリバンは今回、十分な補給を受けられるか不明だが、窮すれば中国、あるいはロシアと手を握ってでも全土制圧へと動くだろう。

「米軍の撤退でユーラシアは中国、ロシアの天下」と、ロシアの新聞は書く。アフガニスタン、中央アジアは地政学の大家ハルフォード・マッキンダーがかつて「ハートランド(中心地)」と呼び、ここを制する者はユーラシア全部を制すると言った。

しかしユーラシアの経済力は海と接する周縁部に集中していて、ハートランドを「制して」みてもお荷物になるだけ。この地域の諸国は海千山千で、言い寄る大国を張り合わせて骨の髄までしゃぶり尽くす。

中ロ両国は7月14日、タジキスタンでの上海協力機構(SCO)外相会議で米軍に「責任ある撤退ぶり」を示すよう求めたが、それはアメリカに代わり自分たちがしゃぶられる運命を見越しているからに違いない。

ロシアは、アフガニスタンと国境を接するタジキスタン、ウズベキスタンの安全保障を助けなければ、同盟国・準同盟国としての信頼を失う。中国はタリバンと手を組んででも、新疆ウイグルの独立運動分子がアフガンを根城にするのを阻止しなければならない。これまでは米軍がこの地域にまで手を出していることを批判していればポイントが稼げたが、これからはそうはいかない。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:中台どちらにつくか、ソロモン諸島で政府と

ビジネス

アングル:深センの不動産仲介業者が苦境に、市場冷え

ワールド

焦点:利下げに賭けるエルドアン大統領、インフレ進行

ワールド

オミクロン株、世界40カ国に拡大 米国では計10州

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    大暴落の足音

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 8

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    大暴落の足音

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 9

    大暴落の足音

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中