コラム

経済ニュース超解説 加谷珪一
経済ニュース超解説 加谷珪一

トルコ通貨危機の教訓...日本でも「失政によるインフレ」は起こり得る

<通貨リラの暴落とインフレの加速に見舞われるトルコだが、「日本とは事情が違う」と考えるのは危険な間違いだ> トルコの通貨であるトルコリラが暴

2022.01.12
経済ニュース超解説 加谷珪一

世界的なインフレからも、経済回復からも「外れた」日本が進むべき道

<世界的な物価上昇は今年も続く見通しで、いずれは日本の消費者にも影響が。厳しい立場の日本だが、再生のための近道はある> 2021年は世界経済

2022.01.06
経済ニュース超解説 加谷珪一

経済成長は今後さらに難しくなる...その仕組みを紐解くカギ「自然資本」とは

<英ケンブリッジ大学名誉教授の報告書などで注目を集める「自然資本」という考え方は、経済理論を大きく変えることになりそうだ> 原油や食糧、鉱物

2021.12.22
経済ニュース超解説 加谷珪一

国力を削ぐ「人口減少」問題は、「移民の受け入れ」では解決できない

<生産年齢人口が急速に減少している日本だが、単純労働を担う外国人労働者の受け入れは、むしろ状況のさらなる悪化を招きかねない> 経済活動の主な

2021.12.15
経済ニュース超解説 加谷珪一

デフレと低金利が常識だった日本人に、「価値観の転換」が迫られる

<世界的な物価高騰は「コロナからの回復」という単純な要因によるものではない。日本経済が前提としてきた状況が一変する時代に備えよ> 原油を中心

2021.12.07
経済ニュース超解説 加谷珪一

米FRBパウエル議長の再任で、日本はさらに「悪い円安」に苦しめられる

<パウエル議長は予定通りに量的緩和の縮小や金利引き上げを実施すると見られ、日本にとっては厳しい状況が待っている> アメリカの中央銀行に当たる

2021.11.30
経済ニュース超解説 加谷珪一

日本経済に付ける「即効薬」なし...最大の問題はコロナではない

<7~9月期のGDPは大幅なマイナス成長だったが、緊急事態宣言による一時的な問題ではなく、必要となる政策も即効性のあるものではない> 内閣府

2021.11.24
経済ニュース超解説 加谷珪一

「金融所得課税」騒動に潜む、資産形成・お金の習慣のヒント

<富裕層に対する増税を狙った岸田政権だが、実際には中間層への大増税となるため、国民からの反発は必至だった。この話に「引っかかり」を感じるかど

2021.11.18
経済ニュース超解説 加谷珪一

これだけ経済が苦しいのに、2108億円も税金をムダ遣いしていていいのか

<アベノマスクの保管費用やCOCOAの修理費などに加え、各種の補助金や支援金も意味のない使われ方をしているため、無駄遣いの額は膨大となってい

2021.11.17
経済ニュース超解説 加谷珪一

台湾・半導体TSMCの誘致が、日本経済の復活と賃上げをもたらす

<日本が目指すべきは、世界1位の労働生産性を達成したアイルランド型の「身の丈に合った」成功モデルだ> 半導体受託生産(ファウンドリー)の世界

2021.11.09

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 5

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 6

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 7

    賢い人はそう答えない......「相手をがっかりさせる人…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    習近平のメンツ丸つぶし 欧州「中国離れ」に火をつけ…

  • 10

    エセ科学を信じるジョコビッチの無責任

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中