コラム

「金融所得課税」騒動に潜む、資産形成・お金の習慣のヒント

2021年11月18日(木)17時50分
岸田文雄首相

Hannah McKay-Pool-REUTERS

<富裕層に対する増税を狙った岸田政権だが、実際には中間層への大増税となるため、国民からの反発は必至だった。この話に「引っかかり」を感じるかどうかが、経済的に成功できるかどうかの別れ道となる>

岸田政権が所得分配の財源として提唱した金融所得課税が暗礁に乗り上げている。この増税案は富裕層課税の一貫として検討されたものだが、実は中間層にとっても大幅増税となってしまう。国民の反発が大きいと判断し、棚上げが決まった(岸田政権は税制改正大綱に今後の検討課題として明記し、引き続き導入の可能性を探っている)。

政治的にはそれだけのことなのだが、個人の資産形成という観点でこの出来事を眺めてみると、多くの示唆が得られる。今回のコラムでは、金融所得課税を通じて、どうすれば有利に資産形成できるのか考えてみたい。

金融所得課税というのは、具体的には株式の売却益や配当、債権の利払いなどに対する税金のことである。金融商品は市場で売買されるものであり、市場というのは常にフェアでなければ適切な運営はできない。

例えば、金融商品に関する税率が保有者によって異なる場合、当然のことながら人によって投資行動が変わってくる。市場参加者は自分以外の参加者の税金面での状況など知りようがないので、市場の値動きが不安定になり、価格形成に歪みが生じてしまう。

税金が全員にとって平等であれば、売買の決断はすべて市場要因だけに絞られるので、価格形成の透明性は格段に高まる。

こうした事情から、金融商品に関する税金は全参加者にとって平等であることが大原則となる。したがって株式の売却益や配当に関する税金は、基本的に一律20%に設定されている。

一方で所得税など所得にかかる税金というのは平等ではない。日本の場合、所得税はかなりの累進課税となっており、高額所得者になると税制面では著しく不利になる。

日本は他の先進諸外国と比較して高額所得者の数が極めて少ないという特徴があるが、その理由は、年収を上げすぎると税金ばかり増えてしまい、可処分所得の面で不利になってしまうからだ。

極端な累進課税が設定されている所得税と、公正な市場運営の観点から平等源則が貫かれている金融所得課税には大きな隔たりがあり、こうした税制面での不整合というのは、仕組みをよく知る人にとっては強力な武器となる。

年収10億円は年収1億円より所得税率が低い

同じ金額であっても、給与や役員報酬として受け取れば税金が増え、一方で投資の対価として受け取った場合には、状況にかかわらず税率は一定となる。ルールがそうなっている以上、給与を増やすよりも、投資収入を増やした方が個人的には有利になってくる。

岸田氏は金融所得税強化を打ち出した際、「1億円の壁」という言葉を使った。これは所得税と金融所得課税を総合すると、本来、極めて高い税率がかかるはずの年収1億円以上の富裕層の税率がそれほど高くなっていないことを意味する言葉である。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国工業部門利益、12月は1年超ぶり低成長 当局に

ワールド

中国北京市、移動制限の対象地域拡大 五輪控え感染抑

ビジネス

ドイツ銀、配当を再開 3億ユーロの自社株買いも実施

ワールド

豪州、コロナ死者が前日から減少 入院患者横ばい

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性別で分けるべきか?

  • 4

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 5

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 6

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 7

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 8

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中