コラム

平壌市民が驚いた「腰の低い大統領」

2018年09月28日(金)11時45分

平壌市民たちは文大統領をというよりは、「金正恩委員長同志」を称えたのだろうと思う。「南の大統領を平壌に呼んで、首脳会談を実現させた我がリーダーは素晴らしい」というのが、一般的な北朝鮮国民の心境だろう。オープンカーでパレードする両首脳を沿道で歓迎した市民も、南北関係進展に喜ぶ気持ちは本心だろうが、動員されてきている人たちだ。

それでも今回の文大統領の一連の行動は、平壌市民らに大きなインパクトを与えたことが想像できる。

民主化された韓国の社会を垣間見て...

金日成総合大学出身の脱北者は韓国のMBCのラジオ番組に出演し、こうコメントしている。

「大統領が(市民にお辞儀して)挨拶をする。これは想像もできないことです」「北朝鮮では大統領は国民が崇めるべき神のような人だと思われています」「文大統領が挨拶する姿に北朝鮮住民は本当に驚いたと思います」「新鮮なイメージを与えるだけでなく、『あんな風に私たちに挨拶する大統領がいるなんて』『どうして?』と考えたと想像できます」

文大統領は韓国でも、庶民的な居酒屋を訪れて客と対話したり、青瓦台を見学しに来た小学生を見かけると、足を止めて記念撮影もいとわないなど、市民にフレンドリーなことで知られている。記念式典などの場でも、歓迎する市民らと握手を交わしたりすることは珍しくない。側近ともほとんど顔を合わせなかった朴槿恵前大統領と対照的な姿は、文大統領の好感度を上げる要因にもなっている。

北朝鮮の市民にとって、そんな文大統領の姿は衝撃的だっただろう。平壌を訪問する首脳のなかで、これほどフレンドリーに、そして至近距離で市民と接した者はいなかったからだ。

92年に当時、韓国の学生だったイム・スギョンが命を懸けて平壌を訪問した際、彼女のTシャツにデニムパンツそして斬新なパーマヘアのスタイルを、平壌の人たちが新鮮に感じたという話がある。

その後、平壌や金剛山など北朝鮮を訪問した韓国の人は多く、現在では韓国人がさほど珍しい存在でもなくなったが、文大統領のフレンドリーな姿は、ファッションや文化に止まらない、現在の民主化された韓国の社会を垣間見ることのできる一片となっただろう。

プロフィール

金香清(キム・ヒャンチョン)

国際ニュース誌「クーリエ・ジャポン」創刊号より朝鮮半島担当スタッフとして従事。退職後、韓国情報専門紙「Tesoro」(発行・ソウル新聞社)副編集長を経て、現在はコラムニスト、翻訳家として活動。訳書に『後継者 金正恩』(講談社)がある。新著『朴槿恵 心を操られた大統領 』(文藝春秋社)が発売中。青瓦台スキャンダルの全貌を綴った。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中