コラム

韓国最大野党「国民の力」に36歳の若大将が選ばれた背景は?

2021年06月22日(火)17時02分
韓国最大野党の代表に選ばれた36歳の李俊錫

韓国政界には若手のホープが登場(6月11日、最大野党の代表に選ばれた36歳の李俊錫) Kim Min-Hee-REUTERS

<国政の経験も組織も派閥もない李俊錫が最大野党の代表に選ばれ、既得権益の上にあぐらをかいていた古い韓国政界に激震>

韓国の保守系最大野党「国民の力」の新しい代表(党首)に36歳の李俊錫(イ・ジュンソク)氏が選出された。6月11日にソウルで開かれた党大会で李氏は得票率43.8%で1位となった。韓国の主要政党で30代が代表に就くのは初めてのことである。

「国民の力」の代表の座は昨年4月の総選挙で、与党「共に民主党」に惨敗した責任で、黄教安(ファン・ギョアン)氏が辞任してからずっと空席だった。今回、「国民の力」の代表は6月7日から10日まで行われた党員投票と一般世論調査の結果を7対3の割合で合算する方式で選出された。最終投票率は45.36%で2011年に現在の選出方式を実施してから最も高い数値を記録した。

李氏はソウル科学高校*を卒業してからKAIST(韓国科学技術院)に入学するものの1年目で中退、その後はアメリカのハーバード大学に進学しコンピューター工学と経済学を専攻した。大学を卒業してからは韓国に戻り、ベンチャー企業を設立・経営していた2011年に、当時のセヌリ党の非常対策委員長だった朴槿恵氏に抜擢され、26歳という若さで政治の世界に入門した。

*韓国の高校は大きく(1)普通科の一般系高校、(2)農業高校や商業高校などの実業系高校、(3)エリート養成を目的とする特殊目的高校に区分することができる。特殊目的高校には芸術高校、体育高校、外国語高校、科学高校等があり、科学高校は、科学に関する教育に特化した高校だ。科学高校は2021年現在、韓国全域に20校あり、その中でもソウル科学高校は最難関の高校と言われている。

3度落選して議員でもない

その後、2014年には党改革のための革新委員長に就任し、2016~20年に3度も国会議員選挙に挑戦したものの、いずれも落選した。皮肉にも2016年に初めて総選挙に出馬した時の相手は、現在野党統合を進めている野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)党代表であった。

では、なぜ国政の経験がなく、さらに組織も派閥もない彼が最大野党の首長に選ばれ、韓国の政治史を変えただろうか。実際、李氏が出馬した時に彼が党代表に選ばれると想定していた人はほぼいなかった。彼の役割はあくまでも政界の世代交代のためのペースメーカー程度だと思われた。

しかしながら、状況は急変した。彼が出馬を宣言して以降、YoutubeやFacebook等のSNSに彼が過去に活躍したテレビ番組(「100分討論」のような討論番組)等が次々とアップされ始めるようになると、彼に対する注目度は一気に上昇し始めた。

プロフィール

金 明中

1970年韓国仁川生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科前期・後期博士課程修了(博士、商学)。独立行政法人労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー、日本経済研究センター研究員を経て、2008年からニッセイ基礎研究所。日本女子大学現代女性キャリア研究所客員研究員、日本女子大学人間社会学部・大学院人間社会研究科非常勤講師を兼任。専門分野は労働経済学、社会保障論、日・韓社会政策比較分析。近著に『韓国における社会政策のあり方』(旬報社)がある

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

フィンランド、21日にロシアからのガス供給停止 代

ビジネス

ハイイールド債発行の中国不動産会社、約3割が今年デ

ワールド

タイ、6月からナイトクラブの規制解除へ コロナ新規

ワールド

EU首脳、ウクライナ再建基金で合意へ 資金調達は不

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中