コラム

韓国最大野党「国民の力」に36歳の若大将が選ばれた背景は?

2021年06月22日(火)17時02分

特に、簡潔で明確な意思表明に20代と30代の若者層は好感をもった。相手の主張がなぜ間違っているのかを、理路整然と論じる彼の姿に多くの若者が喝采を送った。既存の政治家が儒教的な思想に基づき、年寄や先輩の政治家を配慮して発言を控えたこととは対照的に、彼は相手の年齢に関係なく言いたいことを言い尽くした。

結果、若者が絶対倒せないと思っていた既得権益層が、彼の前では力なく倒れた。多くの若者は彼が自分たちの意見を代弁してくれたことに満足し、彼こそが若者の立場を代弁できる適任者だと考え始めた。

また、実力を最優先とし、女性の雇用拡大及び差別改善のために実施したクオータ制(積極的雇用改善措置制度)の無理な拡大については反対の立場を明確にしたことも、人気上昇の原因となった。欧米では外国人、女性等に対するクオータ制の縮小を要求する声が出ており、これを支持する人々としない人との間で対立している様相を見せているが、韓国の政治家は今までこれらクオータ制(特に女性)についての具体的言及を控えてきた。むしろ保守政党の政治家の間でもクオータ制を擁護する発言を繰り返してきた。それは、選挙における女性票を意識せざるを得なかったからだ。

追い詰められた男性の支持

しかし、李氏は異なった。クオータ制に異論を差し込み、度を越えたクオータ制の実施に反対の立場を明確にした。このような彼の主張は、積極的雇用改善措置等の実施により立場が弱くなった20代と30代男性の心を動かした。そこで、彼らはYouTubeやFacebook等のSNSに李氏を広報する映像等を毎日のように投稿し、李氏に対する注目度は一気に上昇することとなった。その結果、30代の党代表が誕生することになった。

6月21日に発表された調査結果によると、李氏が率いる野党「国民の力」の支持率は39.7%で前回調査より0.8ポイント高く、与党である「共に民主党」の29.4%を大きく上回った。彼の人気が反映された結果かも知れない。今後、この若大将が最大野党をどのように導き、来年の大統領選挙に向かうのか、これからの動きが注目されるところである。

プロフィール

金 明中

1970年韓国仁川生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科前期・後期博士課程修了(博士、商学)。独立行政法人労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー、日本経済研究センター研究員を経て、2008年からニッセイ基礎研究所。日本女子大学現代女性キャリア研究所客員研究員、日本女子大学人間社会学部・大学院人間社会研究科非常勤講師を兼任。専門分野は労働経済学、社会保障論、日・韓社会政策比較分析。近著に『韓国における社会政策のあり方』(旬報社)がある

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米モデルナ、オミクロン特化ワクチンの臨床試験開始

ビジネス

日経平均700円超える下落、昨年来安値を連日更新 

ワールド

ロシアがウクライナ侵攻ならノルドストリーム2停止=

ビジネス

米利上げ、年内4回超織り込みへ FRBタカ派姿勢で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性別で分けるべきか?

  • 4

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 5

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 6

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 7

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 8

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中