コラム

アフガンの20年戦争が残した負の遺産「日本も難民受け入れを」

2021年09月02日(木)11時04分
国外退避するアフガン父子

オーストラリア空軍の輸送機で国外退避するアフガン母子(8月24日) SGT Glen McCarthy/ Australia's Department of Defence/REUTERS

<タリバンの弾圧と極貧を逃れ、冷蔵コンテナでドーバー海峡を渡った元アフガン難民は開口一番こう言った。「アフガンへの3番目の援助国だった日本はイギリスや他国と同じように難民を受け入れてほしい」>

[ロンドン発]アメリカ史上最長の20年に及んだアフガニスタン戦争に終止符を打ったジョー・バイデン米大統領は8月31日「今こそ戦争を終わらせる時だ」と強調した。過激派組織「イスラム国」(IS)の自爆テロで米兵13人を含む170人超の犠牲を出したものの、同盟国と協力して12万3千人以上の民間人を脱出させた作戦を「並外れた成功」と自画自賛した。

しかし「20年戦争」が残した負の遺産はあまりにも大きい。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、出身国別に見た難民数はシリアが最も多く670万人、ベネズエラが400万人、3番目がアフガンで260万人だ。米軍撤退に伴う戦闘の激化でアフガン国内の避難民はすでに350万人近くに達し、年内に最大50万人の難民が発生する恐れがあると予測されている。

2015年に100万人以上の難民が押し寄せた欧州難民危機の再現を恐れるドイツのホルスト・ゼーホーファー内相は「30万から500万人の難民申請が見込まれる」と警戒を強めている。9月26日に総選挙を控えるドイツだけではなく、欧州にとって難民問題は政治的な致命傷になる危険性をはらんでおり、アフガン難民の受け入れには慎重だ。

20210830_144710.jpeg
「アフガニスタン・中央アジア協会」を発足させたノラルハク・ ナシミさん(筆者撮影)

アフガンでは人口の3分の1以上の1400万人が飢餓に苦しんでいる。5年間で2万人の受け入れを表明したイギリスで01年に難民定住を支援する慈善団体「アフガニスタン・中央アジア協会」を発足させたノラルハク・ ナシミさん(54)はイスラム原理主義武装勢力タリバンが首都カブールに迫った8月中旬以降、1日も休まず、支援活動に取り組んでいる。

在アフガン・カナダ大使館が主宰する男女共同参画のプロジェクトに参加していた同協会のメンバーもまだ現地に取り残されている。英国内で暮らす難民からアフガンに残してきた家族を心配する相談が1日に電話で1千件、電子メールで8千件も寄せられている。イギリスに到着し、ホテルで自己隔離中のアフガンの人々に支給される物資も続々と集まっている。

妻と生後3カ月の息子ら3人の子供を抱え祖国を脱出

ノラルハクさんは開口一番「アフガンへの3番目の寄付国だった日本政府はイギリスや他国と同じように難民を受け入れてほしい」と訴える。彼自身、タリバンの弾圧を受け、1999年に妻と生後3カ月の息子ら3人の子供を抱え祖国を脱出した元難民である。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

気候変動の金融リスクに誇張、HSBC幹部発言が物議

ワールド

政府、男女賃金格差の開示義務化 今夏の施行目指す

ビジネス

台湾輸出受注、4月は2年ぶりに減少 中国の都市封鎖

ビジネス

ECB、7月に利上げ開始可能 徐々にプラス圏に=伊

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中