コラム

英で下院議員殺害 ソマリア系イスラム教徒の犯行 背景に政治の分断とコロナの閉塞感か

2021年10月16日(土)13時09分

犯行現場近くに捧げられた追悼の花束(10月15日) Andrew Couldridge-REUTERS

[ロンドン発]2016年の欧州連合(EU)国民投票でEU残留を訴えていた最大野党・労働党の女性下院議員が白人至上主義者に殺害されたイギリスで、今度は強硬にEU離脱を唱えてきた与党・保守党の男性下院議員がソマリア系イスラム教徒に殺害された。動機は未解明だが、背景としてEU離脱による政治の分断とコロナ危機による閉塞感を指摘できるだろう。

日本では地方選出の国会議員が金曜日に地元の選挙区に帰り、月曜日に東京に戻って来ることを「金帰月来」と呼ぶ。英議会も月曜日から木曜日まで本会議や委員会の日程がぎっしり詰まっており、下院議員は金曜日に地元の選挙区に戻って有権者との面会時間を設けることが多い。16年と今回の議員テロはいずれもこの面会時間を狙って実行された。

15日正午ごろ、イングランド東部エセックス州のメソジスト教会で保守党のデービッド・エイメス下院議員(69)は有権者と面会していた。突然、ナイフを持った男が教会の中に駆け込んできてエイメス議員を12回以上もメッタ突きにした。現場に駆けつけた救急隊員が救命活動を続けたが、エイメス議員は3時間後に息を引き取った。

エイメス議員は有権者と面会する日時と場所をツイッターで告知していた


警察のテロ対策班はソマリア系イスラム教徒(25)を逮捕、英国内でテロ情報を収集している情報局保安部(MI5)と協力してイスラム過激派とのつながりを調べている。目撃者によると男は妙に落ち着き払っていたという。16年のEU国民投票では労働党のジョー・コックス下院議員が殺害されるなど、イギリスでは大戦後、計6人の下院議員が殺害されている。

ハネ上がる議員警護費

米中枢同時多発テロから20年が経過した9月、MI5のケン・マッカラム長官は、コロナ危機中に「最終段階」に入っていたテロ計画を6件阻止したと発表した。過去4年ではその数31件にのぼる。ほとんどはイスラム過激派による計画で、アフガニスタンでの米軍撤退とイスラム原理主義勢力タリバンの復活が一匹狼テロリストを刺激する懸念が膨らんでいた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ECBは政府と距離を、物価安定以外の目標は慎重に=

ワールド

国内初のオミクロン感染はナミビア外交官、同乗全員を

ビジネス

ユーロ圏CPI、11月は前年比+4.9%で過去最大

ビジネス

S&P、新生銀の格付け見通しを「安定的」に下方修正

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中