コラム

画期的なCOP26合意、延長戦の舞台裏

2021年11月14日(日)20時20分

ケリー米特使(中央)は本会議場で欧州委員会のティーマーマンス副委員長(左)と中国の解特使と合意に向け協議を重ねた(筆者撮影)

<バイデン大統領のほかにもオバマ元大統領やアル・ゴア元副大統領、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスCEOまでが乗り込んだアメリカの本気が勝ち取った妥協>

[英北部スコットランド・グラスゴー発]197カ国・地域の政府代表団が集まって英グラスゴーで開かれている国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)は13日、予想通り延長戦に入った。2015年に採択されたパリ協定を今すぐ実行に移さなければ、世界の平均気温上昇を産業革命前に比べ摂氏1.5度に抑えることができなくなる。

真面目くさったバラク・オバマ元米大統領が「ノー・ドラマ・オバマ」と揶揄(やゆ)されたことに自分をなぞらえた「ノー・ドラマ・シャルマ」こと議長国・イギリスのアロック・シャルマCOP26議長。正午過ぎ、本会場に姿を見せ、スウェーデン公共放送の突撃取材に「合意まであとわずか」と漏らした。フォトグラファーに親指を立て、自信をのぞかせた。

コロナ危機で1年延期されたものの、途上国でワクチン接種が進まない中、強行開催されたCOP26。欧州連合(EU)離脱後、「グローバル・ブリテン」を外交方針に掲げるイギリスは 議長国として「脱石炭」「電気自動車」「気候変動対策資金の増額」「森林保護」をリードしてきた。この日朝に公開された成果文書の最終案にも意欲的な文言が並んだ。

パリ協定では努力目標だった1.5度について「気候変動の影響は気温上昇が2度より1.5度の方がはるかに小さいことを認識し、1.5度に抑える努力を追求することを決意する」と宣言。「世界の二酸化炭素(CO2)排出量を2010年比で30年までに45%削減し、今世紀半ばには正味ゼロにする」と先の20カ国・地域(G20)ローマ首脳宣言より踏み込んだ。

さらに「パリ協定の目標を達成するため、来年末までに30年の国別削減目標(NDC)を見直し、強化するよう」要請している。

加速する脱石炭・化石燃料

気候変動による海面上昇や異常気象の被害をまともに受ける途上国の痛切な訴えや言葉ではなく地球温暖化対策の実行を求めるスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(18)ら若者たちの怒りが大きなCOP26の推進力になった。オセアニアに位置するツバルの気候相はスマホで孫の写真を見せ、「合意が最高のクリスマスプレゼント」と訴えた。

kimura20211114173702.jpg
ツバルの気候相(同)

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米最高裁リベラル派判事退任へ、バイデン氏は後任に黒

ビジネス

日経平均が一時900円安、FRBのタカ派傾斜を警戒

ビジネス

自工会会長、ソニーがEV本格参入なら「加入待ってい

ワールド

北朝鮮が飛翔体2発発射、今年6回目 弾道ミサイルと

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性別で分けるべきか?

  • 4

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 5

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 6

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 7

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 8

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中