コラム

今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた中国共産党の真意

2021年11月26日(金)13時52分
北京のディオール広告

北京の街に張り出されたディオールの広告。白人モデルは大丈夫だが?(10月19日) Thomas Peter-REUTERS

<ウイグルやチベットの少数民族をさんざん弾圧してきた中国が、本当に陳漫さんやディオールの偏見や人種差別を問題視したと受け取るのはナイーブすぎる。背景には自前の高級ブランドを打ち立てたい国家戦略がある>

[ロンドン発]中国・上海のアートセンターで開かれたフランスの高級ブランド、ディオールの展示会で、一重まぶたで切れ長のつり上がった目をした中国人女性の写真が「中国人に対して西洋人が抱くステレオタイプ」という批判が中国のSNS上でうず巻き、問題の写真は削除され、撮影した中国のファッション写真家は謝罪に追い込まれた。

問題になった写真(右)


一重のはれぼったいまぶた、切れ長、つり上がったキツネのような目をことさら強調する表現は「アジア蔑視」「人種差別」として欧米ではタブーとされる。しかし筆者もよく「ミスター・ミヤジ」(米映画『ベスト・キッド』に出てくる空手家)と声を掛けられる。両手を交互に回し「ワイプ・イン、ワイプ・アウト」とやり返すと、馬鹿受けだ。

昨年、日本国籍を理由にイギリスとアイルランドで毎年最も優れたアルバムに贈られる「マーキュリー賞」の最終候補に選ばれなかったことが大問題になった新進気鋭のシンガー、リナ・サワヤマさん(31)もシングル「STFU!(黙れ!)」で「あんたのファンタジーを私に押し付けている」と人種的な偏見に怒りをぶつけている。


ディオールの写真を撮影した陳漫さんは中国のSNS上で過去の作品『ヤング・パイオニア』について「私の未熟さと無知に責任を感じる」と謝罪したものの、ディオールの写真には触れなかった。『ヤング・パイオニア』ではシースルーの服を着た少女がモデルとして使われ、ネチズンから「児童ポルノ」という批判が殺到していた。

中国共産党の人権意識とは

しかし香港で民主派を弾圧し、新疆ウイグル自治区の少数民族を事実上の「再教育強制収容所」で強制的に同化している中国が本当に陳漫さんやディオールの偏見や差別を問題視したと受け取るのはあまりにナイーブすぎる。そもそも欧米から少数民族への弾圧を糾弾されている中国共産党に人権意識などあるのか。

韓国ドラマ『イカゲーム』(ネットフリックス配信)で女優デビューしたモデルのチョン・ホヨンさんは大ブレークし、フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンの新たなアンバサダーに就任した。ホヨンさんは西洋風ではなく典型的なアジア顔だが、切れ長のつり上がった「フォックスアイ」が欧米ではいまやトレンドなのだ。


陳漫さんは現代的な美と中国の伝統文化を融合させるのに成功したモダンアートのクリエーターだ。モデルの中国人女性が中国伝統の服装や髪型で装い、ディオールのハンドバックを持っている姿が、西洋に中国がひれ伏した帝国主義時代を連想させたと中国共産党が判断したからだと筆者はみる。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:オミクロンでも集団免疫は困難か、「変異」

ワールド

アングル:欧州でインフル復活の兆し、「ツインデミッ

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

ビジネス

米政権の経済課題は「現代のサプライサイド経済学」=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 5

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中