コラム

「ミスター危機管理」はなぜ自らの政治危機を回避できなかったのか

2021年09月06日(月)06時30分

気力を萎えさせた「あの出来事」

ところが、である。3日の臨時役員会で菅首相は突如「不出馬」を表明した。首相の専権事項である「解散」について首相は嘘をついてもいいとされており、それが解散の「不意打ち」性を担保してきた。しかし近年は「退陣」についても同じように「寝耳に水」的な劇場効果が発揮されるようだ。いったい2日夜から3日朝にかけて何があったのか――。

現時点で伝わっている情報によると、8月30日から9月3日にかけての5日間、党役員人事、特に幹事長人事を巡って調整が難航。その交渉過程でこれまで菅再選を基本的に支持していた安倍前首相、麻生副首相との関係が「冷却化」し、総裁選に出馬しても必ず勝てる見込みがなく、再選への意欲が減衰したのではないかという観測が出ている。

しかし、役員・閣僚人事の調整難航はもともと予想されていた。「二階切り」が安倍・麻生両氏の歓心を買うとすれば同時にそれは二階氏周辺の反感も買う。役員刷新と内閣改造を通常国会が閉幕した初夏に断行していたならいざ知らず、総裁選・総選挙直前の人事は「人心一新の賭け」であると同時に「時機に遅れた奇策」でもあり、党内の反発は織り込み済みのはずである。「人事が難航し万策尽きて退陣表明」となったとしても、真相はそれだけではあるまい。

菅首相が3日の官邸ぶら下がり会見で特に語気を強めたのが、コロナ対策と総裁選対応は「莫大なエネルギー」を必要とする、という言葉だ。確かに変異株の感染拡大が収まらない中でのコロナ対策と総裁選を両立させるには大変な肉体的・精神的な負担があろう。しかし、そうした負担を物ともせずに精力的にこなすのが、これまでの菅氏の真骨頂でもあった。いったいどういう心境の変化で気力の限界を吐露するに至ったのか。

菅首相は1996年の初当選以来、一度も自らの選挙で負けたことがない。唯一、薄氷を踏む思いをしたのが、民主党が政権交代を果たした2009年の総選挙だ。神奈川2区における次点の民主党候補(惜敗率99.59%)との得票差は548票。辛勝した菅氏は選挙の厳しさを忘れないように事務所の車に「548」のナンバーをつけているという。地元の横浜では8月の市長選挙を巡る保守分裂の混乱が続いており、2日には自民党神奈川県連幹事長が総裁選について、「県連として特に菅氏を頼むという運動をするつもりは一切ない」と発言した。「横浜の不覚」がもたらした求心力低下は隠しようがなく、厳しい選挙区情勢を伝えるこうした地元の声が案外、菅首相の心境に響いていたのではないか。

また菅氏は会見で、コロナ対策に専念すると複数回述べた 。これは、「総裁再選はないが、新総裁が首班指名選挙を経て新首相に任命されるまで、首相としての立場でコロナ対策に引き続き従事する」ことを意識した発言だろう。総理・総裁分離論的な発言が、総裁かつ首相という「地位」に恋々とするのではなく、コロナ対策という「任務」を任期の最後まで全うするのだという心意気を表すものだとしたら、それは菅氏なりの責任感の表明でもあろう。

プロフィール

北島 純

社会情報⼤学院⼤学特任教授
東京⼤学法学部卒業、九州大学大学院法務学府修了。国会議員政策秘書、駐日デンマーク大使館上席戦略担当官を経て、現在BERC(経営倫理実践研究センター)主任研究員を兼務。専⾨は戦略的パートナーシップ、情報戦略、コンプライアンス。著作に『解説 外国公務員贈賄罪』(中央経済社)、論文に「グローバル広報とポリティカル・コンプライアンス」(「社会情報研究」第2巻1号)などがある。
Twitter: @kitajimajun

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

大和証Gの10-12月純利益は6.9%増 金利上昇

ビジネス

イールドカーブのスティープ化、検討は時期尚早=黒田

ビジネス

今のところ増税想定していない=鈴木財務相

ビジネス

仏21年GDP、前年比7%増 52年ぶり大幅な伸び

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    映画界に変革をもたらした『マトリックス』、18年ぶ…

  • 5

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 6

    「極太アナコンダに漁師が襲われている!」訳ではない

  • 7

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 8

    変動金利型と固定金利型のどちらの住宅ローンを選択…

  • 9

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 10

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 7

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中