コラム

イスラエルはいかにして世界屈指の技術大国になったか

2017年04月27日(木)18時25分

イスラエルの中長期的な目標であるビジョンは、上記のミッションを実現していくためにも、様々な点において強靭な国家を創っていくことに置かれている。ハーバード大学のジョセフ・ナイ教授が指摘しているハードパワー、ソフトパワー、スマートパワーの全てにおいて国力を高めていこうとしているのが現在のイスラエルである。

なお、冒頭で「多様性をもつイスラエル」と述べたが、例えば米国のリサーチ機関であるPew Research Centerの2016年調査によれば、国民の19%がユダヤ教以外を信仰しているという結果であった。ユダヤ教:81%のなかでも、Haredi超正統派:8%、Dati宗教的:10%、Masorti伝統派:23%、Hilonl世俗派:40%となっている。

すなわち、戒律の厳しいユダヤ教の国というイメージに反して、宗教ひとつとっても自由で多様性があり、イスラエル国民の40%までもがユダヤ教のなかでも世俗派に分類されているのだ。

こうした多様性を維持していくために不可欠な最低限の共通項としての価値観がバリューであり、イスラエルはそこに強いこだわりをもっている。普段は違う価値観をもった国民であるが、イスラエル存亡の危機といった状況においては一致団結する強い使命感が共有されている。

「小国」で天然資源にも乏しいという厳しい環境のなかで、創造力こそが生命線であるというのも共通の価値観だ。イスラエルでは「0から1」という表現を好んで使うことが多いが、これは自らが「0から1」を生み出す創造力に秀でていると自負していることが理由である。

さらには、離散と迫害という長年の歴史のなかで、「今日が人生の最期の1日」と思って1日を精一杯生きるという人生観や死生観も、イスラエルに住む多くのユダヤ人が共有している価値観である。

イスラエルの国家戦略には、先のグランドデザインで述べたように、ハイテク技術に優れた国づくりを行うこと、そしてハードパワー、ソフトパワー、スマートパワーの全てにおいて国力を高めていくことなどが指摘できる。この国家戦略は以下に述べる「天の時」=タイミング戦略においても、「地の利」=国の比較優位においても、合理性の高いものであると評価される。

【天】外部環境の変化を予測したタイミング戦略

「天」とは、「天の時」という表現に示されるように、外部環境の中長期的な変化を競合に先んじて予測し、壮大なグランドデザインから計画的に大きな目標を実現していくためのタイミング戦略である。

イスラエルは、政治・宗教・信条等が異なる国々に取り囲まれているという厳しい環境のなかで、軍事技術を最先端にまで高める必要に迫られてきた。

そのなかでも軍事技術の基軸が地上や空中からサイバー領域にまで広がっていくことを他国に先行して予測し、サイバーセキュリティーの分野では米国をも凌駕するポジションを確保している。また、この分野以外においてもイスラエルの軍事技術は多岐に及ぶ領域において高水準を誇っている。

イスラエルでは男女ともに18歳から兵役義務があり、兵役を経験する国民の全てがその時点における最先端の軍事技術に触れることになるのが大きな強みとなっている。

小学校の段階から全ての国民にプログラミング教育を義務付けているイスラエルでは、特に優秀な理工系の学生が、国から選抜されて入隊する8200部隊と呼ばれる軍の研究開発部門に配属され、最先端の軍事技術の中核を担う。さらにイスラエルでは軍事技術の民間転用を促進していることから、8200部隊出身者を始めとして多くの若者が起業し、スタートアップ大国の隆盛を担っているという流れも確立されている。

つまりは、イスラエルではAI、IoT、自動運転、サイバーセキュリティーが「メガテック」の中核となることを見越し、そこに「天の時」が到来することを予測して国のグランドデザインを描き、戦略的に当該分野での競争力を高めてきたのである。

【参考記事】動画:イスラエル発の「空飛ぶロボットタクシー」、初の自律飛行に成功

プロフィール

田中道昭

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授
シカゴ大学ビジネススクールMBA。専門はストラテジー&マーケティング、企業財務、リーダーシップ論、組織論等の経営学領域全般。企業・社会・政治等の戦略分析を行う戦略分析コンサルタントでもある。三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役(海外の資源エネルギー・ファイナンス等担当)、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部長(プリンシパル)、ABNアムロ証券会社オリジネーション本部長(マネージングディレクター)等を歴任。『GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略』『アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ』『アマゾンが描く2022年の世界』『2022年の次世代自動車産業』『ミッションの経営学』など著書多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

フィンランド、21日にロシアからのガス供給停止 代

ビジネス

ハイイールド債発行の中国不動産会社、約3割が今年デ

ワールド

タイ、6月からナイトクラブの規制解除へ コロナ新規

ワールド

EU首脳、ウクライナ再建基金で合意へ 資金調達は不

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中