コラム

大学進学率は20%!「最強の小国」スイスの競争戦略

2017年05月12日(金)16時23分

【天】日本に負けた「クオーツ・ショック」を国全体の教訓に

「天」とは、「天の時」という表現に示されるように、外部環境の中長期的な変化を競合に先んじて予測し、壮大なグランドデザインから計画的に大きな目標を実現していくためのタイミング戦略である。

スイスでは、1970年代に日本メーカーがクオーツ時計を実用化したことにより、時計産業が壊滅的な影響を受けたことを現在でも国全体の教訓にしている。

その当時、機械式時計が主流だったスイスの時計産業はまさに存亡の危機を迎えたが、スウォッチが「低価格×ファッショナブル」というポジショニング戦略で息を吹き返し、その後、同国の名門ブランドであるオメガ、ロンジン、ラドーなどを続々と買収、グループ全体でのブランド戦略が功を奏し、同社グループは世界一の時計メーカーとなった。

現在の時計メーカーの売上高ランキングでは、1位:スウォッチグループ、2位:リシュモングループ、3位:ロレックスと、スイス勢が上位を独占している。

【参考記事】チーズ×牛革で100%スイスメイド ワンオフ腕時計のこだわりとは?

「クオーツ・ショック」を教訓とするスイスでは、政治・経済・社会・技術の変化を予測し、他国に先駆けて戦略を実行することが小国としての生命線であるとの共通認識がある。「IoT時代」や「第4次産業革命」と呼ばれる現在のメガテックの変化においても、同国では他国に先行しているとの自負をもっている。

同国の金融機関であるUBSは、2016年の世界経済フォーラムにおいて「第4次産業革命に最もよく対応できる国」ランキングを発表している。労働市場の柔軟性、技術水準、教育水準、インフラ水準、法的保護の5つの要素をもとに各国を評価したものであるが、これによるとスイスが第1位となっている。

自国の金融機関による分析であることから多少は割り引いて考える必要はあるものと思われるが、同国が第4次産業革命においてもリーディングカントリーとなることを意識して動いていることは間違いあるまい。

なお、「天の時」というタイミング戦略において見逃せないのは、スイスが数多くの国際機関の本部を誘致していることである。

国際業務を行う銀行のルールを決める国際決済銀行(BIS)の本部もバーゼルにあり、そのルールがバーゼル規制と呼ばれているのは有名なところであろう。このほか、国際オリンピック委員会(IOC)や国際サッカー連盟(FIFA)の本部などもスイスにあり、まさに「ゲームのルール」を決める国際機関を内在させていることも「天の時」において大きな強みになっていると言えよう。

【地】グローバル企業とグローバル人材を呼び込むための環境整備

前述したようにスイスは「小国」であるが、何より国内市場の規模が小さいことが最大の難点の1つとなっている。

すなわち国力という観点からは極めて不利な地理的環境に置かれているわけだが、「高付加価値×スイスブランド×グローバル」に特化して競争力を高めるというグランドデザインを描き、実際に世界最高水準の競争力を維持していることは既に述べた通りだ。

それぞれの産業においては高付加価値の分野に特化し、国内市場の規模が小さいという難点に対してはスイスブランドという競争優位を最大限に生かし、最初から世界市場を目指すことで競争力を高めてきたのである。

とはいえ、こうしたグランドデザインを実現するのは容易なことではない。そのために必要なヒト・モノ・カネを国内外から引き寄せることが不可欠であるからだ。

実際にスイスでは、グローバル企業の本社機能や研究機関等を招致することや、グローバル人材を呼び込むことに腐心してきた。それは、高付加価値の分野に特化して産業や企業を育成していくためには、グローバル企業やグローバル人材を引き付けることが不可欠であり、両者は表裏一体の関係にあるからだ。企業と人材の両者が揃うことで国の競争力や生産性が高められることになる。

プロフィール

田中道昭

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授
シカゴ大学ビジネススクールMBA。専門はストラテジー&マーケティング、企業財務、リーダーシップ論、組織論等の経営学領域全般。企業・社会・政治等の戦略分析を行う戦略分析コンサルタントでもある。三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役(海外の資源エネルギー・ファイナンス等担当)、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部長(プリンシパル)、ABNアムロ証券会社オリジネーション本部長(マネージングディレクター)等を歴任。『GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略』『アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ』『アマゾンが描く2022年の世界』『2022年の次世代自動車産業』『ミッションの経営学』など著書多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日経平均700円超える下落、昨年来安値を連日更新 

ワールド

ロシアがウクライナ侵攻ならノルドストリーム2停止=

ビジネス

米利上げ、年内4回超織り込みへ FRBタカ派姿勢で

ワールド

米、112カ国に4億回分のコロナワクチン提供完了=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性別で分けるべきか?

  • 4

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 5

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 6

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 7

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 8

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中