Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.6. 8号(6/ 1発売)

特集:日本人が知らないワクチン先行国の知恵

2021年6月 8日号(6/ 1発売)

Cover Story

争奪戦の勝負は1年前に決まっていた......
早くもコロナ後に向かう優等生国家の出口戦略

新型コロナ ワクチン戦略の勝ち組に学べること
■解説 ワクチンと免疫と副反応の関係は?
視点 あるイギリス人の接種体験記
ロシア 市民の拒否反応でスプートニクVに暗雲
中国 自国ワクチン「効果低い」発言の波紋
感染症対策 万能型の開発でコロナ完封を目指す

「空賊」と化したベラルーシの暴挙

独裁国家 民間機を「ハイジャック」して反体制派を拉致したが......
【Periscope】
GERMANY ドイツは100年前の歴史問題を清算できるか
SYRIA アサド圧勝で遠のくシリア和平
RUSSIA ロシアがファイザー製ワクチンつぶし?
GO FIGURE 共和党支持者はトランプ再出馬を熱望
【Commentary】
欧州 ベラルーシが突いた曖昧さ ── ジョシュア・キーティング
イギリス 堅実な中流が損する低金利時代 ── コリン・ジョイス
感染症 日本はコロナ対策できっと巻き返す ── サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 米議会暴動は観光だった? ── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 米中GDP逆転がもたらす未来 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 私の夢は専業主夫、妻にどう話せば?
その言葉への違和感 悪いのは母たちではない ── 望月優大
森達也の私的邦画論 『嵐電』で映画的な時空を堪能する ── 森達也
【World Affairs】
米中関係 中国は台湾に侵攻しない
米韓関係 韓国を取り込んだバイデン
イラン タカ派の前大統領がまさかの復活作戦
新型コロナ 友愛精神の復活が危機のインドを救う
【Features】
分析 データから読み解く民主主義の未来
中米 移民を減らす鍵は農業にあり
【Life/Style】
History アニメの10倍面白いヤスケの物語
Celebrity ベニファー復活でアメリカ中が歓喜に沸く
Drama 体形なんて気にしない「自然体」ヒロイン
Trends 中国で広がる「喪文化」は若者の精神戦略
Animals 「超長距離」を移動する驚異の渡り動物
My Turn 捨てられた犬たちと暮らすわが人生に悔いなし
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 灰塵から甦るイラク映画の復興と希望
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 雇用のミスマッチだらけの日本 ── 石野シャハラン

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 6

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 7

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 8

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 9

    「眞子さまは海外脱出を選ぶしかなかった」 反論でき…

  • 10

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 9

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 10

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中