Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.11.23号(11/16発売)

特集:世界に貢献する日本人30

2021年11月23日号(11/16発売)

Cover Story

よりよい世界のために活動する日本人にコロナ禍の今だからこそ、誰もが勇気づけられる

プロフィール よりよい世界の実現に努力する日本人
選手目線の戦略で代表を伸ばす──本田圭佑(サッカーカンボジア代表GM)
紛争地の救える命を救う──白川優子(国境なき医師団看護師)
デジタル通貨開発でカンボジアに革命──宮沢和正(ソラミツ社長)
ITの力で途上国の医療格差を解消──酒匂真理(miup CEO)
生涯をかけ慈善活動に巨費を投じる信念──杉 良太郎(歌手・俳優)
国際協力の魅力を若者に伝える──田才諒哉(国際協力サロン代表)
日仏でひきこもり支援に尽力──古橋忠晃(精神科医)
冷静と情熱の間で世界の人々を救う──國井 修(医師)
緑茶成分のカテキンを初めて発見──辻村みちよ(農学博士)
フィジーの気象予報を独立へ導く──黒岩宏司(日本気象協会技術調査役)
ガーナの農家にチョコの誇りを──田口 愛(Mpraeso CEO)
「広報リーダー」として途上国の妊産婦を支援──冨永 愛(モデル)
リスト 学者から美術家、起業家まで一挙紹介
青柳卓雄(日本光電工業技術者)/ダルビッシュ有(大リーグ投手)/藤井將男(そろばん教育者)/八田與一(土木工学技術者)/早川千晶(ケニアの学校主宰)/日本地雷処理を支援する会/鎌田實(医師、作家)/南裕子(神戸市看護大学学長)/村田早耶香(NPO主宰)/永井陽右(NPO代表理事)/長坂真護(美術家)/中村安秀(小児科医)/小川誠二(生物物理学者)/小野雅裕(NASA研究員)/鮫島弘子(デザイナー)/田口一成(ボーダレス・ジャパン社長)/山口絵理子(社会起業家)/山崎嘉久(小児科医)
【Periscope】
AFGHANISTAN タリバン政権を苦しめる「内憂」「外患」
EU 欧州の逆風はGAFAを変える?
IRAQ イラク首相暗殺未遂にあの国の影が
GO FIGURE 動物の事故死がカリフォルニアで深刻に
【Commentary】
中国 絶対権力を手にした習の危険度──グレン・カール
中東 パレスチナの不幸は誰のせいか──飯山陽
視点 終焉を迎えた保革イデオロギー対立──河東哲夫
風刺画で読み解く「超大国」の現実 中国人が買い占めに走る深層心理──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 放置できない2108億円の無駄── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 内向的な私でも里親になれますか
たかがジョーク、されどジョーク 義父に耐え切れなくなった嫁は── 早坂隆
【World Affairs】
ヨーロッパ EUは中国を恐れず台湾に舵を切る
難民問題 ベラルーシだけの責任か
【Features】
文化遺産 略奪された至宝を取り戻す闘い
【Life/Style】
Movies 広い宇宙の閉塞感あるマーベル映画
Music ブラックガールの目でカントリーに新風を
Architecture サステナブルで美しい世界の建築
My Turn 平均余命1~3年の病で鉄人レースを完走した
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 癌を生き延び、コロナ禍で出産する
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 疎外された若者に「自助」と言わないで ── 西村カリン

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 5

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中