Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.11.30号(11/24発売)

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

Cover Story

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

AI もう始まっている自動殺人兵器の時代
考察 AI対AIの戦争は人知を超える
アジア 人工知能には歯止めが必要だ
【Features】

バイデン・習会談に成果あり

米中関係 衝突回避のため米中トップが見せた「知恵」を世界は見過ごしている
【Periscope】
CHINA 中国テニス選手の失踪が地政学的問題に
BELARUS ポーランド・ベラルーシの「移民戦争」は解決?
UNITED NATIONS COP26の「1.5度」合意に科学者は懐疑的
CHINA 失踪した中国高官の妻が顔出し告発
【Commentary】
欧州 英国で慢性化する「貧困の肥満児」──コリン・ジョイス
分析 スーダンを第2のリビアにするな──シュロモ・ベンアミ
視点 北京五輪ボイコット問題の落とし所──サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「意識高い系」ビッグバードのミス ── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 日本経済に付ける「即効薬」なし ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 遺産をもらったわが子に嫉妬します
その言葉への違和感 「年収960万円」が招いた分断 ── 望月優大
森達也の私的邦画論 『月はどっちに出ている』にウォンシルさんを想う ── 森達也
【World Affairs】
北欧 難民の現実に負けたスウェーデン
韓国 優先すべきは表現の自由か偽ニュース撲滅か
中東 核合意への障壁はイランの外交官
【Features】
新型コロナ 偽物か奇跡の薬か、イベルメクチンの真実
経済 エネルギーの冬が世界を襲う
【Life/Style】
Music クイーンの華麗なる50周年
Animals クジラのうんちが地球を救う?
Movies 「ダイアナを守ってあげたかった」
Movies 森林火災の悲劇は伝わるか
My Turn 友人同士が「両親」になる新しい家族の形
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 貧困と極右に走る仏版ラストベルト
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 夫婦別姓歴20年の夫からひと言 ── 周来友

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 5

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中