コラム

雇われる側を叩く言葉は自らの首を絞める

2021年06月30日(水)11時00分
東京の人混み

LanceB-iStock.

<「なぜ帰国させられると分かっているのに妊娠するのか」そんな言葉が相次いだ。私たちの大半は雇われる側だ。決して外国人だけの話ではない>

先日、ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」に外国人技能実習生と妊娠・出産というテーマでいくつかの記事を執筆した(「彼女がしたことは犯罪なのか。あるベトナム人技能実習生の妊娠と死産(1)」など)ところ、SNSでこんな趣旨の感想を数多く見掛けた。

「なぜ帰国させられると分かっているのに妊娠するのか」「働きに来たのだから帰国させられて当然」「なぜ避妊しないのか」などなど。

妊娠すると帰国を迫られる実習生が少なくないことを問題視した私の文章に対して、いずれもむしろ妊娠した実習生側に落ち度があると非難する言葉だ。想定内ではあれ、実際に目にするとげんなりするものがあった。

背景を説明しよう。2010年代に入って以降、人手不足に悩む地方の農漁業や工場などで急速に実習生の受け入れが進んだ。

だが、その4割超を女性が占めるなか、あくまで安価な労働力としか見ない雇用主らが、妊娠した女性に無理やり帰国を迫る事例が後を絶たず、なかには恋愛自体を禁止する事業者も存在する。帰国の恐怖で相談できず、孤立出産にまで至る場合もあった。

男女雇用機会均等法が定めるとおり、結婚や妊娠、出産を理由とした解雇などの不利益取り扱いは違法であり、雇用主には労働者の恋愛を禁止する権利も当然ない。

国籍の違いにかかわらず、そんな契約を結んだところで無効であり、法的には何の意味もない。時給100円のアルバイト契約が無効なのと同じだ。最低賃金法が規制しているからである。

だが日本人には産休や育休を認めても、実習生には帰国を迫るという事業者が実際に存在する。もしこうした扱いの差もやむを得ずと感じるとすれば、そこには外国人や実習生への差別的な発想があると指摘せざるを得ない。

そもそも、実習期間中の妊娠や出産を「想定していない」と明言する政府自体の問題も大きい。

雇う側と雇われる側の非対称な関係が存在する労働の世界では、「自由意思で契約すれば何でもOK」ではない。小学生を雇ったり奴隷的な契約を結んだりすることは、たとえ本人が望んでも違法だ。

労働者を保護し、見掛け上の「自由な契約」によって人間がボロボロにされないために、労働法が整備されてきた。

プロフィール

望月優大

ライター。ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長。著書に『ふたつの日本──「移民国家」の建前と現実』 。移民・外国人に関してなど社会的なテーマを中心に発信を継続。非営利団体などへのアドバイザリーも行っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

原油先物下落、オミクロン株に対するワクチンの有効性

ワールド

WHO、一律の渡航禁止に反対 「根拠に基づく対策を

ビジネス

FRB当局者、インフレの高止まりに満足せず=クラリ

ワールド

オミクロン株、20カ国226例確認 米では検出され

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中