コラム

深読みしても無駄? 究極的に変な映画、森田芳光『家族ゲーム』は実験とエンタメの融合作

2021年09月16日(木)18時45分
『家族ゲーム』

ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN

<伊丹十三演じる父親の目玉焼きの食べ方、家庭教師を演じる松田優作の奇妙な登場シーン──意味不明なシーンだらけなのに、その全てが作品と調和している。それも見事に>

大学の映画研究会に所属して8ミリ映画を撮っていた頃、数年上の世代は自主制作映画世代とよく呼ばれていた。大手映画会社に所属して助監督や制作進行助手から始めて監督を目指すというコースがそれまでの選択ならば、8ミリや16ミリで撮った低予算の映画を発表してから商業映画に監督として進出するというコースを選択した世代だ。この時期に急激に増えた理由の1つは、8ミリ映画のサウンドトラックが開発されて同時録音が可能になったからだ。

もちろん、商業映画に進出するためには、その前に発表した自主制作映画が話題になることが前提だ。

8ミリで撮った自主制作映画『ライブイン・茅ケ崎』が話題になった森田芳光の商業映画第1作『の・ようなもの』は強烈だった。ストーリーらしきものは特にない。ふわふわと捉えどころがない。主演の伊藤克信も変な俳優だ。いやあれは演技なのか。演じるキャラクターに自己の内面を同一化させるスタニスラフスキー・システムの真逆。演技ではなく伊藤そのものが放つ奇妙な存在感が、映画の不思議なリズムや質感と絶妙にマッチしていた。

大ヒットとまではいかなかったが『の・ようなもの』が一部で熱狂的に支持された森田は、その後にアイドル映画を撮って監督としての懐の深さを証明し、満を持すかのようなタイミングで、究極的に変な映画である『家族ゲーム』を発表する。

伊丹十三演じる父親の目玉焼きの食べ方とか、(誰もが言及する)横に長い食卓とか、家庭教師を演じる松田優作の奇妙な登場シーン(横顔がフレームいっぱいに映されていて周囲の人の声だけが延々と続く)とか、実験映画的な要素をいちいち取り上げて詮索しても意味がない。

観る側は時としてシーンやカットを深読みするが、撮る側としてはそれほど意味付けしていない場合が多い。確かにラストの大混乱となる食卓のシーンは『最後の晩餐』をモチーフにしていると思うが、仮にそうだとしても、たぶんそれ以上の意味はない。少なくとも家庭教師は家族にとって救世主ではないし、そんな設定には映画的に豊かな意味はない。

ほかにもシュールで意味不明なシーンは多い。でもそれが全て作品と調和している。見事にはまっている。そのバランスは奇跡的だ。

プロフィール

森達也

映画監督、作家。明治大学特任教授。主な作品にオウム真理教信者のドキュメンタリー映画『A』や『FAKE』『i−新聞記者ドキュメント−』がある。著書も『A3』『死刑』など多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

UAE首都で燃料トラック爆発、3人死亡 フーシ派が

ワールド

米北東部・カナダで大雪、数千便欠航 10万件超の停

ワールド

ワクチン4回目接種、オミクロン株の予防不十分=イス

ワールド

ロシア軍、共同軍事訓練に向けベラルーシ入り

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 5

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 6

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 7

    賢い人はそう答えない......「相手をがっかりさせる人…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    習近平のメンツ丸つぶし 欧州「中国離れ」に火をつけ…

  • 10

    エセ科学を信じるジョコビッチの無責任

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中