コラム

カタルーニャ騒然、前州首相プッチダモン身柄拘束の意味

2018年03月28日(水)18時40分

スペイン政府が強制的に行った昨年12月のカタルーニャ議会選挙では、「亡命」中や獄中の政治家も出馬した。歴史的に高い投票率の中で、彼ら全員が当選し、再び独立派がカタルーニャ議会の過半数を占めた。ところが、再選を果たしても、カタルーニャでの政治活動が許されることはなく、テロリストなどに適用される「国家反逆罪」容疑者とされている。最高禁固30年の重罪だ。

カタルーニャでは彼らを「政治犯」と呼ぶ一方で、スペイン政府は「スペインには政治犯は存在しない」と主張し、締め付けは厳しくなるばかりで、アート分野における表現の自由までも侵害している。

mori180328-04.jpg

州警察と対峙する群衆 Photograph by Toru Morimoto

最近の目立った例としては、首都マドリード生まれの著名な芸術家サンティアゴ・シエラによる、カタルーニャの「政治犯」たちの肖像写真を題材として使った作品「スペインの現代政治犯」が、2月にマドリードで行われたARCO国際アートフェスティバルで展示される予定だったが、スペイン当局の検閲によって禁止された。

そんな中、「亡命」中のプッチダモンの身柄が拘束された。バルセロナでは「政治犯釈放」デモが激しさを増し、カタルーニャ全土が揺らいでいる。

mori180328-05.jpg

独立派ジョルディ・サンチェスの写真を掲げるデモ参加者。裁判が開かれないないまま5カ月以上投獄されている Photograph by Toru Morimoto

通常、テロ行為のような暴力なくして「国家反逆罪」とはされないが、ドイツが、非暴力の反政府イデオロギーを理由に、その容疑者としてプッチダモンをスペインへと引き渡すことになれば、民主主義に基づく選挙で選出された議員たちを、中央政府とは反対の立場であることを理由に、容赦なく投獄しているスペインの方針を認めることになる。

プッチダモンの身柄がスペインへ引き渡された時、今回のカタルーニャの独立運動は終焉を迎えるかも知れない。しかし、本当の終焉は、ヨーロッパが掲げる自由な思想に基づく民主主義なのかも知れない。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国当局、外国銀行幹部と会合 経済巡る懸念払拭に向

ビジネス

訂正:ソフトバンクG、クラウレCOOの退社を正式発

ワールド

フィリピン、2月に外国人観光客の入国解禁 ワクチン

ワールド

東京都で1万7631人のコロナ感染確認、連日の過去

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    映画界に変革をもたらした『マトリックス』、18年ぶ…

  • 5

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 6

    「極太アナコンダに漁師が襲われている!」訳ではない

  • 7

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 8

    変動金利型と固定金利型のどちらの住宅ローンを選択…

  • 9

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 10

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 7

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中