コラム

コロナ克服と経済正常化──米国に大きく遅れる日本

2021年04月21日(水)18時10分

ワクチンによってコロナ感染症へのリスクが低下

米国で株高が続いているもう一つの大きな要因は、ワクチン接種が進み新型コロナのリスクが大きく低下していることである。バイデン政権が当初計画していたペースよりも早いペースでワクチン接種が進んでおり、4月19日時点で人口対比での接種率は約40%にまで達している。ジョンソン&ジョンソンによるワクチン接種は一時停止されたが、ファイザーなど他のワクチンの供給で十分カバーできるとみられる。

ワクチンによってコロナ感染症へのリスクが、実際にどの程度低下するのかは専門外の筆者には分からない。ただ、19日のアメリカ疾病予防管理センター(CDC)の会見によれば、ワクチン接種後に新型コロナに罹患したと現時点で把握されている人の割合は0.007%とされている。これらを踏まえると、足元のワクチン普及によって、夏場にかけて経済活動の正常化がかなり実現する可能性が高い。

新型コロナ感染者が桁違いに少なかった日本だったが......

一方、日本ではワクチン接種が米欧などの先進国との対比でかなり遅れている。もちろん、日本では新型コロナ感染者が桁違いに少なかったので単純な比較は難しい。そもそも、先進国なら十分可能だったと思われる最先端技術によるワクチンを自国で開発できなかったことが痛恨だが、これは長年に渡る保守的な経済官僚による財政緊縮のツケを危機に直面した国民が払っているのだと筆者は考えている。

更に、米欧対比ではかなり緩やかなペースでワクチン接種を進めるだけであるのに、多くの混乱が自治体などの現場で起きていると報じられている。こうした混乱がなぜ起きているのか、筆者を含めた多くの国民が疑問を持っているだろうが、これは公衆衛生政策の対応がしっかり実現していないということである。

まず、公的な政策を徹底するためには、危機に対応した柔軟かつ大規模な歳出拡大を行うことが大前提になるが、それが依然不十分なのだろう。更に、非常時の対応として、政治権限によって病院そして行政組織を広範囲に動かす必要がある。これらの対応を、菅政権は充分にできていないが、(1)官邸のリーダーシップが足りない、(2)緊縮思想に陥った官僚組織の機能不全、の双方が原因だと筆者は考えている。

ワクチン普及に手間取っている間に、新型コロナ感染者が再び増え始めている。2021年初までに病床をほとんど増やさなかったため、感染第3波で経済活動が再び制限されたが、直ぐに感染第4波が発生して再び大阪などで医療体制が逼迫するに至った。今週、大阪は緊急事態宣言を要請して、東京などの自治体も追随する見通しである。

新型コロナ感染拡大が経済活動を阻害するのだから、感染状況によって柔軟に政府が対応する必要があり、移動・行動制限に踏み出した政府の対応はやむを得ない。ただ、そもそもコロナ感染者の数が圧倒的に少ない先進国の日本において、医療体制強化などの公衆衛生政策を徹底することは、経済正常化を進めるために最も効果的な対応である。これが未だに十分実現していないことが、経済正常化の足枷になっている。

そして、日本株への評価は4月に入って大きく凋落

新型コロナがもたらした人的被害については、日本よりも米国などで圧倒的に大きな被害がでた。ただ、感染症を克服して経済正常化に至る局面に入る中で、先に述べたように拡張的な財政政策を強化する米国では経済正常化が順調に進む一方で、日本での対応の遅れや不手際が顕著となっている。

この構図が米日の株式市場の値動きにも反映されつつある。S&P500指数は、4月になっても最高値更新が続いているが、TOPIXは3月中旬の高値から4月はジリジリと下げている。日米相対株価指数は2020年10月以来の水準まで低下しており、3月までは有望な投資対象とみられた日本株への評価は4月に入って大きく凋落している。

プロフィール

村上尚己

アセットマネジメントOne シニアエコノミスト。東京大学経済学部卒業。シンクタンク、証券会社、資産運用会社で国内外の経済・金融市場の分析に20年以上従事。2003年からゴールドマン・サックス証券でエコノミストとして日本経済の予測全般を担当、2008年マネックス証券 チーフエコノミスト、2014年アライアンスバーンスタン マーケットストラテジスト。2019年4月から現職。著書「日本の正しい未来」講談社α新書、など多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

国連人権高等弁務官の新疆訪問を歓迎、調査ではない=

ビジネス

伊ウニクレディト、21年決算は予想上回る 第4四半

ワールド

中国当局、外国銀行幹部と会合 経済巡る懸念払拭に向

ビジネス

訂正:ソフトバンクG、クラウレCOOの退社を正式発

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 3

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オンチェーン分析で明らかに

  • 4

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 5

    映画界に変革をもたらした『マトリックス』、18年ぶ…

  • 6

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 7

    「極太アナコンダに漁師が襲われている!」訳ではない

  • 8

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 9

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 10

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 7

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中