最新記事

シリーズ日本再発見

岡山・群馬の地方創生は、あの起業家が担っている

2019年08月07日(水)11時30分
井上 拓

会社を大きくして、雇用を増やし、税金を納める、これが一番の社会貢献だ――。そう先輩経営者に教示されたことも過去にはあった。それでも、と田中さんは言う。

「たくさんの方々にお世話になって、現在の自分がある。何か社会に還元するような仕組み、そのためにエネルギーを使いたいという気持ちが芽生えました」

地元地域に目を向けると、地価公示価格が県庁所在地の中で最下位を争っていたり、都市部へ人材が流出していたりと、群馬に元気がなくなっていることを感じたという。そこで田中さんは「起業家が生まれる地域になれば、活力が生まれるのではないか」と考えた。

解決策の1つとして、次代を担う起業家を育成するため、2013年に「群馬イノベーションアワード」を開始する。「求む、出る杭!」をキャッチフレーズに、ビジネスプラン部門、スタートアップ部門、イノベーション部門を募集。エントリー数は右肩上がりで、2018年には402件にまで広がっている。

翌2014年には、無料で受講できる群馬発のビジネススクール「群馬イノベーションスクール」も開講した。起業家教育の地域格差を是正するような取り組みだ。さらに、先述のアワード入賞者などを対象に、シリコンバレーなど先端的な企業の視察訪問をする海外研修ツアーも毎年実施している。

japan190807okayamagunma-3.jpg

「群馬イノベーションアワード2018」のフィナーレ ©上毛新聞社

前橋は特筆すべき個性がないが、「いいものが育つ」まち

その情熱は起業家育成にとどまらない。田中さんは、前橋市中心街の廃業した老舗ホテルの再生を依頼されたことをきっかけに、まちづくりに深く入り込むようになる。そうして気付いたのは、そもそも一貫したまちづくりができていないことや、前橋独自の長期ビジョンがないこと。現在に続く官民一体で推進する「前橋まちなか活性化プロジェクト」はこうした課題感から始まったという。

「前橋市はどういうまちか? 長期的視点の理念や哲学があるか? そして地域の資源や風土を識別し、効率的に活用しているか?」が地方再生に必要なものだと、田中さんは話す。その答えを探るべく、ドイツのブランディングファームKMS TEAMをパートナーに、地域の調査リサーチやインタビュー、3000人ものアンケートに着手した。

「前橋には価値観があり受容性もあるけれど、特筆すべき個性がない。ただ、個性がないのは別に構わない。実は、多くの分野で活躍する出身者も多く、前橋は『いいものが育つ』まちである、ということが分かってきました」

そこから「Where good things grow」という言葉が生まれ、さらに同じく前橋市出身である糸井重里氏のボランティア協力により、「めぶく。」という前橋のビジョンを2016年に発表した。

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性別で分けるべきか?

  • 4

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 5

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 6

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 7

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 8

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中