最新記事

シリーズ日本再発見

米記者が書いた、愛ある『マリオゴルフ』評

Mario’s Back on the Green

2021年08月31日(火)17時20分
ジム・ニューウェル(スレート誌記者)
ニンテンドースイッチ用『マリオゴルフ スーパーラッシュ』

マリオだけでなく、ワルイージ、ロゼッタ、ヨッシーらキャラクターのゴルフウエアにも要注目 CAMELOT SOFTWARE PLANNING/NINTENDOーSLATE

<ニンテンドースイッチ用ソフト『マリオゴルフ スーパーラッシュ』。スピードの要素が売りだが、やや急がせ過ぎの印象も>

新型コロナウイルスが世界に広がるなかで、マリオとその仲間たちは暇を持て余していたことだろう。さすがにこの感染症危機の最中に、いつものように誘拐と救出の冒険に精を出すのははばかられる。

そこで、キノコ王国の面々は久しぶりに昔の趣味を再開したようだ。その懐かしい趣味とは、ゴルフである。

6月25日に発売されたニンテンドースイッチ用のソフト『マリオゴルフ スーパーラッシュ』は、任天堂のゴルフゲームシリーズ『マリオゴルフ』の最新作。据え置き機向けとしては2003年以来、18年ぶりの新作だ。

この新作ゲームソフトについて論評する前に、登場するキャラクターとその「ゴルフウエア」を見ておこう。

まずマリオ。この超有名キャラクターは説明不要だろう。1つの会社を背負って立つことのプレッシャーは、相当なものがあるに違いない。ちょっとでもおかしな点があれば、世界中のメディアから何を言われるか分からない。

そのため、ファッションもどうしても無難なものにならざるを得ない。今作でもおなじみの赤のシャツに赤のキャップという姿で登場する。

【関連記事】ゲーム史の追憶番組『ハイスコア:ゲーム黄金時代』が残念な理由

スコアよりスピード?

マリオと敵対する悪役キャラクターのワリオは、ゴルフコース上では思い切りのいいプレーが身上だ。つばの大きな帽子をかぶっているのは、FBIの上空からの捜索で見つからないようにするためだろう。

ヨッシーのゴルフウエアは......いつもと同じように裸だ。マリオは、そんな姿を見て恥ずかしく感じているらしい。この件についてマリオにしゃべらせるには、クラブハウスでハイボールをおごって酔わせたほうがいいかも。

210720P58yoshi_MGF_04.jpg

CAMELOT SOFTWARE PLANNING/NINTENDO-SLATE

ワリオの相棒ワルイージの動きにくい服装は、豪快なスイングに適しているとは言い難い。忙しくて、着替えている暇がなかった?

210720P58waluigi_MGF_02.jpg

CAMELOT SOFTWARE PLANNING/NINTENDO-SLATE

そしてロゼッタ(日本国外ではロザリーナ)。このキャラクターは、ゴルフクラブを振ることすらしない。魔法の杖を振るうと、クラブが勝手に動いてボールを打つ。

ゴルフには魔法の杖の使用を禁止するルールはないかもしれないが、明らかにこのスポーツの精神に反している。でも、ロゼッタが私の苦言に耳を貸すとはとうてい思えない。

210720P58rosalina_MGF_03.jpg

CAMELOT SOFTWARE PLANNING/NINTENDO-SLATE

「スーパーラッシュ」という言葉が示唆するように、この新しい『マリオゴルフ』の大きな特徴はスピードだ。プレーヤーは、走りながらゴルフをプレーしているような感覚にとらわれる。

いくつかのプレーモードが用意されているが、その中でも「スピードゴルフ」というモードでは、スコアよりスピードが重んじられる。カップインするまでの所要時間をほかのプレーヤーと競い合うのだ。素早くプレーしないと、ペナルティーを科される仕組みになっている。

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    米マクドナルド、ハンバーガー写真を「盛りすぎ」で訴えられる 

  • 2

    アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデンカムイ」の功罪

  • 3

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    マウンティングはどこまで我慢すべき? 名医が教える…

  • 7

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 10

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中