コラム

オリンピックの終焉──裸足の王者アベベはもういない

2021年08月07日(土)20時03分
女子マラソン

シューズが勝敗を左右する(8月7日、女子マラソン) Kim Hong-Ji-REUTERS

<オリンピックが終わる。東京大会ではなくオリンピック自体が終わろうとしている。それは、コロナのせいではない>

オリンピックが終わろうとしている。

東京オリンピックが終わるのではなく、オリンピックという存在、意義、概念そのものが終わろうとしている。

***

今日は女子マラソンが行われ、明日は男子マラソン。ほとんどの選手がカーボンプレート入りのスペシャルシューズを履いている。今朝の女子では、ほとんどの選手が同じシューズを履いているのが、テレビでもよくわかった。明日もきっとそうだろう。

カーボンプレートシューズ(通称厚底シューズ)で、マラソンなら少なくとも数分は早くなっているといわれている。だから、世界記録が出ても(真夏のオリンピックでは出ないが)、何も凄くないし、20世紀のランナーより強いかどうかはわからないし、アベベとどちらが優れた選手かはわからない。

2021年、裸足の選手などありえない。だから、アベベはもういない。

これはマラソンだけでなく、すべての競技で起きていることだ。

カーボンプレートシューズが買えない選手は勝てない。つまり、カネのない選手は勝てない。スポンサーのつかない選手は勝てない。

アマチュアリズムのオリンピックなど誰も覚えていない。スポンサーがつかなければ、高地トレーニング費用もないし、遠征もない。もちろん、コーチもトレーナーも雇えない。さらに、米国を中心にスポーツ科学が発達し、最新鋭の機器と科学で、アスリートのトレーニングを革新する。日本も遅れを取り戻すために、北区の施設に資金を大量投入し、今回のオリンピックで成果を挙げている。

しかし、カネのない国、選手は、まったくついていけない。アベベが南スーダンに生まれれば、前橋市で友達はできたかもしれないが、メダルには遠く及ばない。

メダルの数とフェアネスは逆相関

オリンピックの結果は、格差の結果である。二大大国の米国と中国がメダルはダントツで多い、日本が遅れて続き、かつての大国ロシアがその残像を残す。

フェアなスポーツマンシップとメダルは無関係どころか、逆相関だ。

オリンピックは、もっとあからさまにカネまみれだ。

しかし、これを肯定する人々もいる。それは、広告代理店が儲け、公務員でない関係者たちが権力をほしいままにすることはよくないが、それでも、各競技団体が配分にあずかり、カネを得ることができ、それで初めて選手たちの強化費用が出る、ということを根拠に、カネまみれのオリンピックは必要悪で、仕方がない、という。

そんなことはない。

前述のように、その配分に預からない国は多数ある。競技団体から配分の来ない、各国内で権力のない指導者、選手たちがいる。あからさまに不公平だ。

強化費用前提のオリンピック自体が間違っている。

プロフィール

小幡 績

1967年千葉県生まれ。
1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。新著に『アフターバブル: 近代資本主義は延命できるか』。他に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米財務長官、対ウクライナ財政支援強化を同盟国に要求

ワールド

マリウポリ製鉄所の残存兵265人が投降=ロシア国防

ワールド

インド、通関待ちの小麦は輸出容認

ビジネス

北京市経済、コロナ規制で4月に大きな打撃 小売売上

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカーの衝撃ビジュアルが話題に

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 6

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 7

    ロシア兵は突如、11歳の少女の「あごに発砲した」...…

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカから見た『はじめてのおつかい』

  • 4

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 5

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄る…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13歳少女を、今度は警官が強姦

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 7

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄る…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中