コラム

闇くじに翻弄される人々、ベトナム社会の闇をあぶり出す『走れロム』

2021年07月12日(月)11時00分

ベトナムの闇くじの二桁の数字の魔力が希望を奪う......  (C)2019 HK FILM All Rights Reserved

<ベトナムの労働者階級が熱中する「デー」という闇くじの魔力に翻弄される人々の姿を浮き彫りにする>

ベトナムの新鋭チャン・タン・フイ監督の長編デビュー作『走れロム』では、たった二桁の数字の魔力に翻弄される人々の姿をブラックユーモアも交えた独特の表現で浮き彫りにすることで、ベトナム社会の闇が炙り出されていく。

二桁の数字とは、労働者階級が熱中しているデーという闇くじのことを意味する。毎日公表される政府公認宝くじの当選番号のうち、下二桁だけを当てるという単純なルールなので、確率は悪くなく、当たれば大金が得られる。

数字にとり憑かれたサイゴンの少年

物語は、サイゴンの裏町にある古い集合住宅、その屋根裏に暮らす孤児の少年ロムのモノローグから始まる。彼がいかに数字にとり憑かれているのかは、生活空間を見ればすぐにわかる。壁には数字を刻んだプレートが打ち付けられ、屋根の上には、トランプのカードを輪ゴムでとめた空き缶が並んでいる。

この導入部の主人公ロムのモノローグとそれに合わせて挿入される映像は、ドラマの登場人物やデーの仕組み、そしてデーに対する奇妙な熱狂などを紹介する役割も果たすが、それをどうとらえるかによって、本作が切り拓く世界の深みも変わってくるように思う。

本作の出発点は、フイ監督が大学の卒業制作として作った短編『16:30』(12)にあり、主人公が同じであるだけでなく、本作に短篇の一部が挿入されるなど、深い繋がりがある。そんな二作を比較してみると、デーが持つ意味や重みがまったく違うことがわかる。

短篇のタイトルは、公認宝くじの当選番号が公表される時間を意味する。結果が出るとそれをまとめたゾー(当選番号票)がコピーされる。走り屋である主人公は、運ばれてきたゾーを買い、結果を心待ちにする人々にいち早く届けるために、3人組のライバルと激しい駆け引きを繰り広げる。フイ監督は、そんな彼らを追うことで、裏町とそこに暮らす人々をドキュメンタリーのように映し出し、さらに、駆け引きの間に変化する少年たちの心理を巧みに描き出している。

本作にはその短篇の設定や視点が引き継がれている。走り屋にして数字の予想屋にもなったロムには、フックという野心的で狡猾なライバルがいて、彼らは壮絶な衝突を繰り返す。手持ちカメラを駆使することで圧倒的な疾走感を生み出し、ドキュメンタリー的なアプローチもその視野を広げ、著しい格差を映し出す。

生活や思考にまで浸透している闇くじ

短篇からスケールアップしたそうした部分が、本作の大きな見所であることは間違いないが、決してそれだけの映画ではない。そこであらためて注目したいのが、登場人物たちとデーの関係だ。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:中台どちらにつくか、ソロモン諸島で政府と

ビジネス

アングル:深センの不動産仲介業者が苦境に、市場冷え

ワールド

焦点:利下げに賭けるエルドアン大統領、インフレ進行

ワールド

オミクロン株、世界40カ国に拡大 米国では計10州

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    大暴落の足音

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 8

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    大暴落の足音

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 9

    大暴落の足音

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中