コラム

ボスニア紛争、わらにもすがる思いに誰もが打ちのめされる『アイダよ、何処へ?』

2021年09月17日(金)16時01分

国連や有力国の支援もないまま、最悪の事態に直面する彼らは、同じような状況に追い込まれる。ダレールの手記の原題は「Shake Hands with the Devil(悪魔との握手)」。ダレールとUNAMIRは、スタジアムなどに逃げてきたツチ族の住民たちを安全な地域に移送するために、虐殺を実行しているフツ系民兵組織インテラハムウェの指導者らと交渉しなければならなかった。彼は手記でそのときの気持ちを以下のように綴っている。


「部隊司令本部への帰途、私は悪魔と握手してしまったように感じた。私たちは実際に社交的挨拶を交わした。そして悪魔に、その見るも無慈悲なその所業を誇る機会を与えてしまった。彼らと交渉してしまったことで、私自身が悪魔のようなおこないをしたという罪悪感にかられた。私の身体は、自分が正しいことをしてきたのかどうかという葛藤で、ばらばらに引き裂かれそうであった。その答えが分かるのは、一回目の住民移送がはじまったときだろう」

本作でムラディッチ将軍と会談するカレマンス大佐も同じ立場にある。だが、ふたりの司令官の姿勢には違いがある。絶望的な状況で最後まで虐殺を止めるために尽力したダレールは、帰国後PTSDと診断され、自殺未遂や大量投薬など、何年も苦しみつづけた。

激しい葛藤に苛まれ、もがきつつけるアイダ

ジュバニッチ監督のクレマンス大佐のとらえ方からは、ダレールとは違う司令官の姿が浮かび上がる。本作の冒頭には、スレブレニツァの市長とクレマンス大佐が会談するエピソードが盛り込まれている。そこで市長が、「彼らが侵攻したらあなたの責任だ」と詰め寄ると、大佐は「私はピアノ弾きだ」と答え、それを通訳したアイダが、「伝令に過ぎない」という意味だと補足する。そして市長は大佐との握手を拒む。

ムラディッチ将軍との会談に臨んだ大佐は、彼に対して迎合するような態度をとる。また、その会談中に、ムスリムの兵士が潜んでいないか確認するためにセルビア兵が基地に乗り込んでくると、電話で少佐に命じて、武装した者が基地内に入るという規則違反を許してしまう。ちなみに少し補足すると、本作では会談は1回だけのように見えるが、実際にはそれ以前に大佐はムラディッチと同じホテルで会談し、圧力をかけられ、乾杯まで強要され、相手のペースに飲まれていたとも考えられる。

そして、国連保護軍を無視した一方的な移送が始まり、セルビア兵の暴挙が明らかになったとき、大佐は茫然自失の状態に陥り、部屋に閉じこもってしまう。

それまで国連保護軍を信じていたアイダは、この状況の変化によって、どこまでも追いつめられ、引き裂かれていく。スレブレニツァが占領されたとき、男性の多くは、セルビア人勢力や地雷原を突破することが不可能に近いことを知りつつ、国連に頼ることも、ムラディッチに運命を託すことも拒み、森へと逃げた。基地に来たアイダの息子たちも、本人に決断を委ねたらそうしていたかもしれない。

通訳である彼女は、状況が最悪の方向に向かっていることを知りつつも、命令に従って基地内の住人たちを誘導しなければならない。激しい葛藤に苛まれながらも、もがきつづけるアイダのわらにもすがる思いには、誰もが打ちのめされることだろう。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU、オミクロン株全容判明までワクチン加速で備えを

ビジネス

ユーロ圏、感染再拡大やオミクロン株に備え=ECB総

ワールド

ロシア外交官27人追放される、来年1月に出国へ=駐

ビジネス

中国ピンドゥオドゥオ、第3四半期売上予想下回る 研

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 10

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中