コラム

マスク姿は「ワクチン未接種」だと疑われる? ニューヨークの今

2021年05月26日(水)18時20分

ワクチン接種完了者はマスク義務が解除になった5月半ばのマンハッタンの週末  SENRI OE

<ワクチン接種完了者はマスク着用義務が基本的に解除されたニューヨーク。接種の有無は見た目からは分からないなか、自分はマスクをはずすのか? 最新情報を大江千里がリポート>

ニューヨークでは新型コロナのワクチン接種が進み、打ちたい人は観光客でも打てる状況になった。しかし副反応が重いケースが多々あり、2回目を拒否する人もいる。

僕の周りでも副反応のひどい人が多く、モデルナワクチンの2回目の接種後に40度を越える熱が3日ほど出たり、ファイザーワクチンの1回目の後から歩くとフラフラしたり、「君も? よかった。それ聞いて安心した」という会話を同年代のアメリカ人の友達とよくしている。

僕もモデルナワクチン2回目を接種後にフラフラが続いたので脳のMRI検査をした。血栓ができているが僕の年齢を考えると問題はなく、ワクチンによるものではないと主治医は言った。

最近よく駅で目にするのは「接種希望者を増やすキャンペーン」。打ちたい人に打たせる時期は終わり、打ちたくない派にいかに打たせるかの時期に入った。しかしアメリカ全体では4分の1がワクチンを拒否している。なぜか?

ワクチン接種に対する姿勢は人種や宗教、政治的理由によって異なると言われる。健康上の理由、妊娠しているとか持病があるとかの理由も考えられる。

しかしそういう理由に関係なく、最も命に貪欲なのはお金持ちであり、こぞってワクチンを打っていると断言する人もいる。ワクチンを打たない理由は漠然とした不安、不信感があることも大きい。アメリカ人の中には「ワクチン慣れしていない」と言われる層の人達も多い。

このところ、打ったかどうかは人に尋ねてはいけないタブーになっているような気が僕にはしてしまうのだが、ニューヨーカーの間で接種していないことに対する風当たりは僕の知る限りではない。

ワクチン接種が拡大した数カ月前は「私は打ちました」というステッカーを胸に貼っている人を見かけた。だがその姿はすぐに消えた。ニューヨーク州、ニューヨーク市は1人でも多くの人にワクチンを打って欲しいだろうから、あえて拒否派をニュースにしないだろうし、その日のニュースのトピックスによっても打つ人の数が変わる。

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『マンハッタンに陽はまた昇る――60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米、北京冬季五輪を外交ボイコット=ホワイトハウス

ワールド

印ロ、防衛協力強化で合意 通商も拡大へ

ビジネス

ユーロ圏、経済支援継続を 高インフレは一過性=IM

ビジネス

ユーロ圏インフレ率、22年に2%下回る可能性低い=

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中