コラム

大江千里が明かす、反ワクチン派と濃厚接触して「僕がショックを受けた理由」

2021年10月12日(火)14時25分

ミルウォーキーのフェスで観客は間隔を空けて飲酒していた SENRI OE

<自分が触れ合う人たちは新型コロナのワクチンを接種済みであるという「思い込み」は、相手にリスクをもたらすことも。日本と同じく市民の65%がワクチン接種済みのニューヨークで、大江千里が学んだこと>

ニューヨークは新型コロナウイルスのデルタ株の感染拡大がすごい。僕の友達もかかって味覚を失った。ただしワクチンを2回打っているので、大ごとにならず自宅にいる。

9月6日のレーバーデー(労働者の日)がオフィス再オープンののろしになるかと思えば、在宅勤務続行に切り替える企業が増えた。再開時期のめどはアマゾン社が来年1月、ニューヨーク・タイムズ社は今も未定。僕が関係するソニーのオフィスも、9月半ばに訪れたときには99.9%、人がいなかった。

レストランでの屋内飲食や美術館に入館する際などに、ワクチンを打ったことを示す「ワクチンパスポート」を見せることが義務付けられ、僕はIDを忘れて家を飛び出すことが多く、しょっちゅう中に入れない。

ブロードウェイミュージカルも復活したが、出演者、スタッフ、観客、全てがワクチンを接種していないとダメ。12歳未満の子供や健康上の理由があるなどで例外が認められる場合でも、ショー開始前72時間以内のPCR検査で陰性を証明する必要がある。劇場の中では、食べ物や飲み物が売られている場所以外でマスクを外すのはご法度だ。

一方で、周りのレストランは「やっとこの時がやって来た」という感じで再開の準備を進めている。

僕自身も9月初めにウィスコンシン州ミルウォーキーで開催されたフェスに出演したが、出演者、観客全員がワクチンパスポート提示、もしくはその場でPCR検査だった。会場が広大だからか大半がノーマスクで、でも全体の人数が少なく感染の危機感はさほど感じなかった。開催者側が入場者を分散させたのが良かったのかもしれない。

日本では「公演を見た後に友達と居酒屋で盛り上がるのが一番危ないから、終わったらそのまま帰ってください」と呼び掛けているそうだが、その考えは今のニューヨークにはないと思う。

飲食での感染を心配する人は初めから外に出ない。ワクチンパスポートで接種を立証できる人は、感染したとしても重症化はしない。それが現実的なニューヨーカーの安全に対するコンセンサスだ。

自分が感染させてしまうリスク

だがつい先日、撮影のためにメークをしてもらっているとき、至近距離で「実は私、アンチワクチン派」とメークの人が言った。「え?」「ワクチンしていない」「そ、そうなの」。一瞬戸惑いが声に出てしまう。

「どうかスタッフに言わないでね。バレたらクビになるかも」。僕が固まったのを見て、彼女は慌てて言った。僕は言わない。しかし混乱した。

その現場はパスポート必須ではなかったのかもしれない。彼女はPCR検査をして陰性だったのかもしれない。それより僕は「お互いに打っている」を当たり前だと思い込んでいた自分にショックを受けたのだ。

感染していても症状が軽く済むという前提でマスクなしでさんざんしゃべりまくったのだ。逆に僕が感染させてしまったかもしれないと思った。当然と言えば当然だが、違う方向から見ると安全に関しての見え方が全く異なることを身をもって知った。

その日以来、僕はマスクをする機会を増やす。この問題は単純ではない。開きつつある街で僕は思った。

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『マンハッタンに陽はまた昇る――60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺ら

ワールド

アングル:オミクロンでも集団免疫は困難か、「変異」

ワールド

アングル:欧州でインフル復活の兆し、「ツインデミッ

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 6

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 6

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 7

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中