プレスリリース

【新型コロナ抗原定性検査キット】外出リスク低減応援割引 1980円/1キット 5分で簡単検査!衝撃の4日間限定特別割引33%OFFクーポン発行開始!安心の上場企業製!送料無料&即日発送可!

2021年08月01日(日)10時05分
株式会社MicoBioMedJapan
TBS「NEWS23」でも紹介された「鼻腔ぬぐい液(鼻の入り口から1-2cm付近内皮内壁をぬぐって採取))」等を用いて新型コロナウィルスの抗原を検出するキット!国内600社以上の導入実績有り。

MiCo BioMed(KOSDAQ市場:214610)の日本法人である「Mico BioMed Japan」は、2021年8月1日(日)~8月4日(水)までの4日間限定で、『VERI-Q 新型コロナウィルス抗原検査キット』に使える【33%割引の特別クーポン】を発行いたします。平日16時までのご注文で即日出荷も可能です。



外回りのリスク軽減のために!クーポン発行!

従業員の命、家族の命を守るために今回特別にキャンペーンを開催いたします。『新型コロナウイルス抗原定性検査キット VERI-Q』の33%割引クーポンを期間限定にて発行いたします。本検査キットを通して少しでも感染症に対する不安軽減の一助になれば幸いです。

【シングル試薬】1キットからの購入が可能なので導入前のお試しにも便利!




期間:2021年8月1日(日)~8月4日(水)
対象:外回りや外出をされる関係者

※全国送料無料
※平日16時までのご注文(決済完了)で当日出荷可
※ご不明な場合は、電話もしくはチャットにてご相談ください。

(固定回線) 03-6206-0344 (年中無休 10:00-19:00)
ライブチャット :https://www.mico-biomed-veriq.shop/
→ サイト右下のチャットボックスから(24時間 年中無休)




VERI-Q 新型コロナ抗原定性検査キットとは?



付属のロング綿棒で鼻腔ぬぐい液(鼻穴の入り口から1-2cm付近)等から検体を拭い取り、SARS-CoV-2 のヌクレオカプ シドタンパク質(NP)抗原を定性的に検出するための側方流動免疫測定法により、新型コロナウイルスの抗原を非常に高い精度で検出します。







使用動画





導入事例






反応原理





臨床データ





購入とお問い合わせ


販売サイト:https://mico-biomed-veriq.shop

電話番号:03-6206-0344

チャット :販売サイト右下のチャットボックスから(24時間 年中無休)
メール :info@mico-biomed-veriq.shop (24時間 年中無休)

注意事項

※本製品は研究用試薬であり、医療品医療機器法に基づく体外診断薬用医薬品として承認・認証などを受けておりません。また定性的検出及び診断の補助で使用します。診断目的では使用できません。

※本検査キットはCE認証を取得しており、欧米では医療機関等で体外診断用医薬品として使用されていますが、日本国内においては診断目的でのご使用はしないでください。現在当社は検査キットの日本国内での体外診断用医薬品の許認可取得準備を行っております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 5

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 6

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 7

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 8

    医療用途を優先 酸素不足でロケット飛べず...NASA、…

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中