コラム

白雪姫を「禁書」にする共産党の危機感

2017年03月17日(金)14時40分

≪中国語原文≫
现在在中国,如果夫妻准备要生小孩,除了储备进口奶粉和尿布,他们还要囤积外国的儿童读物,因为,这些书很快都会看不到了。

儿童图书是中国图书市场最畅销的种类,然而中文的优质儿童图书非常少,所以出版社大量引进海外儿童图书。中国有很多年轻的家长,从小给他们孩子看的都是外国的儿童绘本,小孩也喜欢看,英美日等国家的价值观就这样潜移默化地影响了孩子,他们非常感谢这些绘本让孩子的心灵变得更美好。

然而,最近网上流传的禁令让这些家长再次震惊,新一轮关于"要不要移民"的讨论又开始了。

有知情者向外界透露,中国的监管部门为了限制外国思想渗透,强化意识形态的管控,已经下达了限制外国儿童读物的政策,未来中国每年翻译出版的外国儿童图书将从数千部减少到数百部。有意思的是,这种限令并没有书面证据,没有公开的文件,仅仅是口头传达,所以媒体拿不到证据,对消费者来说只有实际感受才能验证事实。然而已经有出版社的编辑在网络上哀叹,他们已经不能再出版任何外国的儿童图书。

除了口头指令限制引进儿童图书的翻译出版,在销售环节也开始了更严厉的管控。中国网络销售巨头淘宝网公布了通知,自3月10日起,禁止任何卖家在淘宝网提供境外出版物的代购服务。

有网友讽刺道:"还好我们早生了几年,不然以后连白雪公主,木偶匹诺曹,哈利波特这些故事都看不到了。"

中共当局为什么要这么做呢?因为他们意识到抵御西方价值观,要从控制孩子的思想做起。去年底,中国已经开始限制私立中小学校的国际课程,提出教育必须"牢牢把握国家主权和意识形态",那些不愿意移民的中产阶级家长们,把孩子送进昂贵的私立学校,就是为了避免公立学校的洗脑政治教育,然而中共的控制欲是无穷的,党化教育正一步步渗透到任何试图抵抗的领域。

2015年时,中国教育部部长袁贵仁曾经公开表示"绝不允许传播西方价值观的教材进入课堂",看到这样的言论,我不仅浑身涌起寒意,中国的未来会变成什么样子?而现在,凛冽的寒意正默默地无情地扩散着,再迟钝的人都感觉到了严冬即将到来。

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が飛翔体2発発射、弾道ミサイルと推定と韓国軍

ビジネス

サムスン電子、第4四半期利益は過去4年で最高 供給

ワールド

米、安全保障巡り書面回答 ロシアは新たに軍事演習

ビジネス

米FRBが3月利上げ示唆、インフレ抑制へパウエル氏

今、あなたにオススメ

>

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性別で分けるべきか?

  • 4

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 5

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 6

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 7

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 8

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中