コラム

世界と中国人が越えられないネットの「万里の長城」

2017年07月24日(月)18時15分

<中国共産党は今年に入ってネット検閲の「壁越え」を規制する徹底したネット遮断政策を導入している。ビジネスや科学技術への悪影響より、共産党の統治を維持することを重視しているからだ>

87年9月、一通の電子メールが北京のコンピュータ応用技術研究所からドイツ・カールスルーエ工科大学(KIT)に送られた。この中国の最初期の電子メールにはこう書かれていた。「Across the Great Wall we can reach every corner in the world.(万里の長城を越え、我々は世界へ向かう)」。

この電子メールは厳密な意味で中国から出した最初の電子メールではない(一番早いのは86年8月25日、中国科学院高エネルギー物理研究所から欧州原子核研究機構〔CERN〕にあてたものだ)。ただその内容ゆえ、多くのネットに関する資料の中で、中国のネットと世界の繋がりを示すメルクマールとして受け止められて来た。

しかし、全ては間もなく終わる。

中国と世界がネットで接続された後、人々はすぐネット上で中国の真実がたくさん発見できることを知った。この状況を望まない共産党当局は98年から、国家としての「ファイアウォール」プロジェクトをスタート。本来は何の制限もないはずのネットが、中国の国境で検閲を受けることになった。

この検閲システムは次々と繰り出される対策に応じて徐々に改良された。自由を渇望する人々は様々な「壁越え」ツールを使ったが、こういった個人・民間企業による技術は国家の資金・実力と渡り合えるはずもなく、中国人が壁越えしてネットを利用するのはだんだん難しくなった。

【参考記事】「グローバル化は終焉、日本はEUに加盟せよ」水野和夫教授


今年初め、下半期から来年初めにかけて中国で徹底したネット遮断が行われる、という噂が流れた。多くの人が信用しなかったのは、国際貿易上の必要性から本当に全世界のネットと遮断することなどあり得ない、と考えたからだ。

しかし、ここ数カ月でそれは現実になった。共産党が打ち出した一連の厳しい壁越え禁止政策によって、個人の壁越えソフト開発者はすべて警察側の呼び出し・警告を受け、ソフトは「撤去」を余儀なくされた。全国各地で壁越えするネット利用者が警官に呼び出され、尋問される事件が発生。共産党は壁越えソフトの個人向けサービスを来年2月までにやめるようソフト提供業者に要求した。

日本の読者は不思議に思うだろう。共産党があらゆるネットを遮断したら、明らかに中国全体のビジネスに損害が出るではないか、と。中国と世界の科学技術交流を断ち切られてしまう。なのに、どうして彼らはこんなことをするのか、と。

共産党の理屈では、自らの統治上の地位を守ることはすべての要求に勝る。共産党が決然とネットを遮断するのは、今が危機だとを見ているからだ。ネットを遮断すれば人民をごまかすことができるし、今後、新たな危機が訪れた時にもより簡単に各種の集会やデモを弾圧できる。

新疆ウイグル自治区は中国の最も敏感な地区だ。09年7月に区都ウルムチで民族衝突が発生し世界を驚かせたが、その後に新疆の全区域は1年余り世界とのネット接続を断ち切られた。それだけでなく、中国のその他の地域とのネット接続も遮断された。いつの日か、もし中国でまた共産党の統治を揺るがす大事件が発生したら、共産党は迷うことなく全ての地域のネットと通信を遮断するだろう。その時、中国は本当に世界と隔絶する。

中国は「グレート・ファイアウォール」を宇宙まで拡張する気だろうか?

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米FRB保有資産、MBSなど含み損3300億ドルに

ワールド

ロシア、ウクライナ軍事作戦に膨大な財源必要=財務相

ワールド

トランプ氏「学校に警官配置を」、NRA会合で主張 

ビジネス

焦点:中国自動車市場、EV化で国内勢が海外メーカー

今、あなたにオススメ

>

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 2

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 3

    米マクドナルド、ハンバーガー写真を「盛りすぎ」で訴えられる 

  • 4

    アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデン…

  • 5

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 6

    食洗機のパーツを戦車に搭載 制裁のロシア軍、チッ…

  • 7

    マウンティングはどこまで我慢すべき? 名医が教える…

  • 8

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 9

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 10

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中