コラム

日本とアジアの間にそびえ立つ巨大すぎる慰安婦像

2017年08月25日(金)16時15分

≪中国語原文≫
8月14日是世界慰安妇纪念日,韩国民间团体将新制作的慰安妇少女铜像涂上色彩,放在首尔151号公交车上。从2011年12月14日,第一座慰安妇少女铜像树立在日本驻韩国大使馆对面,到16年12月,韩国第37座慰安妇铜像设立在日本驻韩国釜山总领事馆前,导致日本召回大使。慰安妇铜像越来越多。

第二次世界大战期间,日军征召过许多随军妓女,有日本人、朝鲜人、台湾人、中国人等。战后,韩国、中国,和台湾强调,这些随军慰安妇是被迫的,遭到了惨无人道的虐待、强奸,二十年来发起无数次要求道歉和赔偿的热潮。日本历届政府对此事一直持道歉的态度,但是并不接受"国家意志下的强征慰安妇"的说法。当时征召的从军妓女是付薪水的,并非如韩中所说的强迫。

2015年12月,日韩两国终于在慰安妇问题上达成协议,日本再次公开道歉,并拨款10亿日元协助韩国成立支援慰安妇的基金会。安倍晋三以首相的身分,再次表达"谢罪"与"反省"。朴槿惠总统也表示:"希望以本次协议为基础,累积信任,紧密讨论并尽力让双方能开展新关系。"然而,就在两国达成协议之后,釜山建立了新的座雕像。日本随后召回两名外交官,并停止双方高层会谈。

二战结束已经七十多年,日本反复道歉,却被反复要求再道歉、似乎看不到尽头。这座巨大的慰安妇少女铜像,像是挡在日本面前的一座大山,试图跟邻国建立友好关系的日本人怎么努力都无法逾越。历史自当铭记,但更重要的是向前看,毕竟生活还要继续。未清算的一定要清算,但是已经达成的协议应该遵守。抓着过去的事情不放,反反复复没完没了,是无法建立新关系的。

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

今、あなたにオススメ

>

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中